instagramやtwitterで日々流している美容情報を定期的にまとめアップすることにしました。リアルタイムで情報キャッチしたいかたはスマホでinstagramまたはtwitterのtwi_tkmkをフォローくださいませ ( 渡辺佳子 )


by tekumaku_w

<   2012年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧


昨日アップしたパリボンベイのコレクションで実際にピーター フィリップスがモデルにほどこしたメイクはこんな感じだったそうですよ↓↓↓

b0286136_14434965.jpg
Paris-Bombay (Mchr(hex 233)tiers d’Art 2011-12), CHANEL Show Backstage, Makeup Peter Philips,
CHANEL, photographer Vincent LAPPARTIENT


すごーい。囲み目かっこいーですね

イメージとしては、

「シャンデリアと大燭台の光が照らし出すのは、贅を尽くした晩餐会のテーブル。あたりにはジャスミンの香りが漂い、マハラジャの豪華絢爛とシャネルのタイムレスな規範とが溶け合います。そこに集う英国の貴婦人たち、あるいは生粋のパリジェンヌたちは、結い上げた髪を凝ったジュエリーで留め、猫のまなざしを思わせる黒いシャドウで目もとを縁取ります」

ということだそうです。
[PR]
by tekumaku_w | 2012-05-31 17:05 | 美容界だより
たぶん紙媒体には間に合わないと思うのでwebならではの急ぎあぷにてお届けします。

シャネル好きなら必ず注目していると思う毎年のメディエダール コレクション。これはクチュールのアトリエの職人たちの技をたたえて発表されるもので、毎回異なる都市がテーマになっているわけですが。。



パリーボンベイではインドを演出。そのコレクションに合わせてもちろんメイクアップも独自のものが作られたわけですが。


今回、メークアップ クリエイティブ ディレクターのピーター フィリップスがクリエイトした特別限定品は、きらめくゴールドのフェイスパウダーに、淡いゴールドとシルバーを混ぜ合わせたような斬新なカラーのネイルだそう。

まずフェイスパウダーはこちらです↓↓↓
b0286136_14434793.jpg
(C)CHANEL - Didier ROY

エンボスされている生地模様はマドモアゼル シャネルがインドに着想を得て創った1960年代のコレクションの、ブロンズ色のブロケード織りを再現したもの、とのことです


淡いゴールド×シルバーというネイルはこちら↓↓↓
b0286136_14434896.jpg
(C)CHANEL - Didier ROY


私もまだ現物は見れていないので、実際どういう色なのか描写できないのですが、インドの伝統的な光の祭から名をとって「ディワリ」と名づけられたそうです。コレクション発表時、モデルたちは、けぶるような肌にキャッツアイ的に黒いシャドウでふちどられた目もとをし、唇はナチュラルな感じで、ネイルにこの斬新なカラーをまとっていたとのこと。



【特別限定品2品】

ルート デ ザンド ドゥ シャネル(フェイスパウダー)8190
ヴェルニ(ネイルエナメル) ディワリ 3045
ともに6/15(金) 限定店舗(全国37店のシャネル コーナー、シャネル銀座、シャネル表参道ブティック)にて限定発売

問い合わせはシャネル カスタマー・ケア・センター
0120-525-519
[PR]
by tekumaku_w | 2012-05-30 20:05 | 美容界だより

さて、昨日真央さんがらみで新CMの話題をお伝えしたエアウィーヴですが、商品開発的にも続々と新しいアイテムができていて、その裏には新技術が



それは何かというと一部の素材を変えるという工夫で、それを利用したのが枕です。つまり頭がのる中央の素材を柔らかくし、硬めキープの両側との差で頭を支え、また横向きに寝たときに理想的な高さで頭とアゴを支えて肩コリにならないように考えられているとのことでした。


実は昨夜この枕のお試しをしてみたのですが、不思議とすぐに睡魔が襲ってきて入眠が早かったような気がします。途中、地震があって起きてしまったので、今夜またお試ししてみますが。

枕のほかに夏用のクール素材のマットレス(時期限定)、成長期のお子さん用の特別開発マットレスなど、いろいろ興味深い新製品がズラリです。


枕を始め、それらの詳細についてはHPでどうぞ
[PR]
by tekumaku_w | 2012-05-29 12:05 | 美容界だより
エアウィーヴ新素材のマットレスパッド。快眠が得られることから、多くのアスリートが愛用していることで知られています。最初に海外遠征先に持参したのは北京五輪時の水泳の北島選手はじめとする水泳代表チームや陸上代表チームの選手たちで、選手村に持ち込んで使っていたそう。


そしてバンクーバー五輪前の2009年にトレーナーさんの勧めで知って以来、旅先でも家でもこのマットを愛用しているのが浅田真央選手


昨年からエアウィーヴのよさを広めるアンバサダーに任命されていた真央さんですが、今年は本格的にTVCMに出演することになり、本日そのCMの発表会がありました!!
b0286136_14125061.jpg




そもそものきっかけは、2011年の四大陸選手権に向け出発する空港で取材を受ける真央さんの映像。真央さんが出発時に忘れないように、と、手の甲にマットレスとメモしつつ、預け入れ荷物の上にエアウィーヴをのせていることを知ったウィーヴァジャパン(エアウィーヴを作っている会社)の高岡本州社長はじめ社員一同が大感激。エアウィーヴのよさを広めるアンバサダーになっていただけないかという申し込みをしたこと。そして昨年6月にアンバサダーに就任したのでした。


その真央さんパワーもあってか、エアウィーヴの認知度は急激にアップ(っていうかアンバサダー就任直後は、スケートマニアや真央さんファンクラスタ中心にものすごい反響があって、一時的にマットが売り切れ起こしてましたよね
売り上げも2011年は前年比300%にUP、ひき続き2012年もすでに昨年の200%超えという推移で、経済誌から成功の秘訣に関する取材を受けるまでになっています。


真央さんは初めてこのマットを紹介されたとき「ストレッチルームで広げて寝てみたら、今まで感じたことのない感覚だったんです。やわらかすぎず、固すぎず、これって中はどうなっているんだろう?と思った」そうで。今ではシングルタイプを自宅のベッドで、リビングでも移動時の車の中や機内ではポータブルタイプを敷いており、遠征先ではキャリングバッグつきのものを持っていっているということで、本当に愛用してるんですよねえ。


実は昨夜、「おしゃれイズム」の放送があり、真央さんファンの方はご覧になったかも知れませんが、あの番組でもエアウィーヴのことに触れていましたが、実は会社の方は全く知らなかったそうで「放送を見てびっくりしました〜」とPRの方がおっしゃってました。



気になるCMですが、本日からスタート。テーマは「眠りの世界に品質を」ということで、当初は「証言編」ということで、真央さんの「2009年から 私の全ての睡眠は エアウィーヴです」というナレーションが入り、気持ちよさそうに眠っている真央さんが、眠りからさめて軽やかなブルーのドレスでジャンプするという流れで、15秒版と30秒版が作られています。



ジャンプするときの水色のドレスは今日の会見で着ていたものと同じこちら。


b0286136_14125197.jpg
ふわふわのきれいな水色で真央さんの肌色にとっても合ってますよねー。今日は足首で結ぶタイプのサンダルもとても可愛かったです
ジャンプは地上で素足で。


真央さんによると「映像だとその瞬間しか映らないから(スケート競技だと全体の流れの中でジャンプを見るけど、CMだと瞬時の動作を切り取られるという意味かと)

手先や足先まで気をつけてピンと伸ばしました。でも実はスケートの時もスケート靴の中で足先まで伸ばしてるんですよと。

浅田真央選手はスパイラルやスピン、つなぎの部分(トランジション)などの細かな部分所作が美しいことで評判ですが、そんな意識もしてるんですね。見えない部分への意識が全体の美しさを作るんだな〜と感心してしまいました



CMは「証言編」につづいて「実感編」「寝返り編」と進むそうです。私達もまだ証言編しか見せてもらっていませんが。寝返り編ではベッドからあやうく落ちそうになったというハプニングがあったそうですが、本人曰く「目をつぶりながらも演技しました」だそうですので楽しみですね
[PR]
by tekumaku_w | 2012-05-28 18:05 | 美容界だより

5月のglam連載「美談会」コーナーに5月は、アディクションのリキッドアイシャドウとジルスチュアートのロールオンフレグランスの2本の記事をアップしています。

こちらからどうぞ
[PR]
by tekumaku_w | 2012-05-27 12:05 | おすすめ美容
あのロングセラーって何



それはこちらです↓↓↓
b0286136_14434745.jpg
photo(c)CHANEL

言わずと知れたシャネルの4色アイカラー「レ キャトル オンブル」
シャネルマニアならお気づきかもしれませんが付属のチップのヘッドが黒スポンジになり、内部ブラック統一でよりシックになりましたね


ですがリニューアルの本編はそこではなく中身
シャネルならではのオーブンで焼き上げるという処方のため、透明感のある色の出方をするという特徴はそのままに、以前より見た目の色がバキっと出ると同時に、粉感が減ってまぶたへのフィット感が上がった感じがします。


まぶたにつける時もするするすべる感じでやわらかい

だから、以前よりもハイライトに使う色に関してはパールがよりソフトになって、ふんわりと自然にのる気がしますよ。



今回新処方で発売になるのは2パターンの色みがあるのですが、写真はそのうちの37番ピンクがかったホワイト、プラチナ、パープル、ライトパープルというリリース説明ですが下の2色はパープルというより茶の濃淡のつもりで使えますね。とくに右下のダークカラーが自然に目のキワをシメることができる名色と思う。パープルという説明以上にダークでちゃんと目がシマります。

実は今までハードリピートしていたレキャトルが廃盤になってしまったので、これからはコレだな、と思っているところです。

新処方レキャトル2種類は、7/6発売で各¥7245

もう1つの色みは36番。ピンク、ゴールド、ブラウン2色の配色です。
[PR]
by tekumaku_w | 2012-05-25 00:05 | おすすめ美容
ジバンシイのメイクアップ&カラー アーティスティック ディレクターであるニコラ・ドゥジェンヌ氏は、昨年の東日本大震災が起こるやいなや、「LOVE FOR JAPAN」というキャンペーンを立ち上げて、ニコラがクリエイトした2種類のリップスティック限定色を4月より限定発売。その収益の100%を寄付とするという活動をしてくれた人です。


その時もテクマクでお知らせしたのですが、活動開始から1年間にわたるキャンペーンの収益が、3/21に建築家、坂茂氏の率いる復興支援NGO「VAN(ボランタリー建築家機構)」へ寄付されたとのこと。寄付金は津波に襲われた海岸地域で住宅を失った人々のための仮設住宅とコミュニティスペースを建設するために使われます

さて、先日ジバンシイのメイクアップクリエイションの発表のために来日したニコラですが、あまりの日本びいきが高じてついに日本語を本格的に習うことにしたそうです そしてもうひとつ、アーティストとしての最新活動のニュースも教えてくれました
それがこちら↓↓↓

b0286136_14434551.jpg



ニコラがInternational Garden Festival(国際ガーデンフェスティバル)に庭園プロデューサーとして招待され参加したとのこと。
これはパリの郊外ショーモン・シュル・ロワールで毎年開催される景観デザインに携わる人々にとって大切なイベントだそうなのですが、世界各地のプロフェッショナルによる未来の庭園プロジェクトが紹介され、国際コンテストが行われるとか。ニコラは各界の著名人を招待する斬新で大胆、夢幻的な庭園プロデュースを依頼されたとのことで。

ここでも日本を愛するニコラは、敬愛する日本へのリスペクトを込めてこのような庭園を造ったそうです。


b0286136_14434618.jpg

b0286136_14434685.jpg


「私は自然やその力によって喚起される感情に強い興味があります。そのため、庭園を造るというこのプロジェクトは私にとって非常にエキサイティングな経験でした。色や素材が溢れる鮮やかなパレットを、そして五感のすべてがひとつになって感情や美が呼び起こされるような陶酔の世界を生み出したいと思ったのです」と。

神秘的かつアーティスティックな庭園の奥には、調香師フランシス・クルジャンが手がけた香りの噴水があるとのこと

b0286136_14434731.jpg

日頃はメイクアップアーティストとして毎回クリエイトしたルックやメイクアップ品のプレゼンをしてくれるニコラですが、改めて(今さらで失礼ではありますが)彼はアーティストなのだなぁとしみじみ実感したのでした
[PR]
by tekumaku_w | 2012-05-24 00:05 | 美容界だより
ではでは前日からの続きで後半3種類の香りを紹介します

(4)ジンジャーチャオ

b0286136_14434332.jpg
カリスマ性のある大胆でウィットに富む小説のヒロインをイメージした香り。自分の気分として外に向かっていくエネルギーに満ちている時に使うことをお勧めしたいそう。YOSH自身もエネルギーレベルが増えていると思う時に身につける傾向があるとか。

香りの構成はブラックココナッツ、ナイトクイーン、タイガーリリー、ネロリ、イランイラン、ジンジャー、バジル、アラビアンサンダルウッド。かといってパワフルすぎることはなく、パウダリーな余韻が心地よいです。色のイメージはパプリカカラー・数秘学7・丹田エリアの第2のチャクラ(人間関係をつかさどる)と呼応します。



(5)スターゲイザー
b0286136_14434368.jpg


YOSHの初期のクリエイションの1つで、若さあふれるフレッシュグリーンフローラルの香り。スターゲイザーリリーの香りと夏の空に輝く流れ星から発想を得たとのこと。香りの構成はケニアのユリとホワイトジンジャー。
色のイメージはフューシャカラー(青みピンク)・数秘学1・第7のチャクラ(頭頂)に呼応しているので決断力アップ、また「決断の早い人が好む傾向にあるわ」とYOSH。クリエイティブな仕事の助けにもなると聞きました!!



(6)オムニセント
b0286136_14434499.jpg


香りの持つすべての波動やバイブレーションが完結しているという香り。クラシカルなオリエンタルノートにピンクペッパーがフレッシュさを出している、深い深いスパイシー系。季節でいえば冬に。カシミアのショールを巻きながら・・というイメージだそう。

香りの構成はガーデニア、エジプトのチュベローズ、フィグ、ピンクグレープフルーツ、ライラック、スミレ、クシュ、チュニジアのオピウム、マダガスカルのバニラ、サンダルウッド、バジル、アロエベラ、ゼラニウム、ピンクペッパー。



さて、どの香りが気になるでしょう?そして実際香りを試してみてどの香りが今の自分にマッチするでしょうか?


b0286136_14434426.jpg

YOSHとの話で印象的だったのは「エネルギーを内包する香りをまとうことによって、みなさんにハッピーになってほしいのです」という言葉でした。


私は私でピンときた香りはあり、その選択にも自分で納得ですが、ここで言ってしまうと先入観になってしまうので言わないことにしますね。

現在はパレスホテル地下のアポセカリーblissというshopのみで扱っています(海外ではバーニーズを始め西海岸のセレクトショップにて)東京に来る機会があればリニューアルオープンしたパレスホテルはロビーのテラスが気持ちよいですし。ホテルをのぞくついでにぜひ

オードパフューム 各50mL 12600円
[PR]
by tekumaku_w | 2012-05-23 10:05 | 美容界だより

5/25 写真教室


急なお知らせですがお友達のカメラマンの山口規子さんから金曜日夜の写真教室の案内がまわってきましたのでお知らせしますね



「気軽になんでも写真相談室・カメラ女子も大歓迎!」



ポートレート部門、 風景部門、料理・小物部門の3つに分かれて
1部門10〜15名の少人数制の着席スタイルのサロン形式です。
ご自分の撮った写真を持ってきていただければ講師が添削し、
実際にカメラを持って技術指導もいたします。
お茶を飲みながら、ぜひ写真友達を作りましょう!


写真に興味がある方、ブログでの写真撮影に悩んでいる方、初心者の方も大歓迎です!
ぜひご参加ください。



日時:5月25日(金)18:00〜20:00
          (遅れてきても入場可!)

場所:東京都写真美術館(恵比寿)1階アトリエ

参加費:無料

講師:浅岡恵、石井真弓、山口規子


詳しくはHPをご覧いただき、
info@jps.gr.jpへメールで、件名に「JPS展5月25日セミナー希望」とお書き添えのうえお申し込みください


とのことです。昨今、一眼レフのデジや望遠を使う女子も増えているようですので、どう対象を狙うか、構図の決め方などプロならではのアドバイスを少し受けるだけで、たぶん写真のあがりが断然違ってくるはずです。

お時間都合つきましたらどうぞ
[PR]
by tekumaku_w | 2012-05-22 18:05 | 美容界だより


さて、昨日からひき続き、YOSHの6種類の香りの詳細を紹介しますね。

6種類の集合だとこんな感じです↓↓↓

YOSH-collection 20.jpg
それぞれの香りに配合した1つ1つの素材がボトルでブレンドされてパーソナリティを形作るというYOSHの香りは、ムエットにつけてしまうとよさが感じられないため、シャンパングラスに香りをふきつけたものを鼻の下にゆっくり通過させて感じ取ります

季節でいえば初春から冬までのイメージ。色でいえばピンクからブラックまでのイメージ。チャクラでいえば第三の目といわれる6チャクラから全身を包み込むオーラのイメージまで。

(1)ソッティーレ
Sottile_lowreso2.jpg

ソッティーレはイタリア語で繊細、デリケートの意味、YOSHの幼少期に祖母の庭に咲いていたバラの香りや花びらに触れた時の完食など遠い記憶から作られた香りはティーローズ、リリーオブザバレー(すずらん)の香りで構成されています。色イメージはピンク・数秘学1・第6チャクラに呼応します

(2)ホワイトフラワーズ White Flowers2.jpg

ウエディングブーケに捧げるために調合した香り。春の花々の開花、緑がまぶしい季節をイメージ。ジャスミンサンバック、ナイトブルーミングジャスミン、スミレ、スイトピー、フリージア、ティーローズ、モロカンローズ、ガーデニア、スズラン、ライラック、エジプトチュベローズ、スイセンといった花々にプチグレンとシベリアンファーの渋いアクセント。ブーケ調とはいってもフィニッシュがグリーンノートなので実は、男性にも人気とか。昨今、男性がやわらかい心地よい香りを探しているというのは日本だけではないようで、アメリカでも男性だから力強い香り、という時代ではないそうです。男性が使うとよりグリーンノートが際立ってくるようではありますが、ちょっと驚き
カラーイメージはネイビー・数秘学1・第4のハートのチャクラに呼応。

(3)ユーフォリア
ユーフォリア.jpg

幸福感、歓喜という意味の香りでジューシーなフルーツの酸味とやさらかなフローラル。ベッドに入る直前いい夢をみるためにこの香りをまとう人もいるとか、ポメグラネート、アロエベラ、キューカンバー、ペア、ウォーターリリーという構成。おもしろい素材だなと思うアロエベラは、みずみずしさを加えるために入れてみたそうです。色のイメージはゴールド・数秘学3・第4のハートのチャクラに呼応。



後半3つの香りは明日アップしますね
[PR]
by tekumaku_w | 2012-05-22 11:05 | 美容界だより