instagramやtwitterで日々流している美容情報を定期的にまとめアップすることにしました。リアルタイムで情報キャッチしたいかたはスマホでinstagramまたはtwitterのtwi_tkmkをフォローくださいませ ( 渡辺佳子 )


by tekumaku_w

<   2011年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

カミツレの癒し

台風が去り、台風一過の夏日、と思いきや、なんだか風は涼しくまた雲行きが怪しいですね。

暑さもお彼岸までということで、長かった残暑がこれで終わり、ようやく夏物の服を整理できる運びとなるのでしょうか。


さて、自社農園のカミツレ(国産カモミール)をつかったスキンケアを作っているカミツレ研究所から、10月に、とことん成分にこだわって自社製カミツレエキスを高配合し100%天然成分で作ったフェイス用クリームができあがりましたとのことです。

このシリーズ、その名も華密恋(かみつれん)というもので知る人ぞ知る存在なのですが、今回のクリーム、クリームといってもゆるい乳液みたいな質感ですが、一度使うだけでその良さがすぐわかりました。

なんといっても気持ちいい!

自然物を日頃から使いつけていくと、余計なものが全く入っていない、素の素材の、ストレスフリーっぷりがすぐわかるようになるんですが、

何の作為性も感じない安心安全さが肌にやさしく溶け込んできっちり必要な保湿をしてくれるかんじです。



b0286136_14131097.jpg



全成分は、水、シア脂(ガーナで生産されているフェアトレード原料を)、グリセリン(ヤシ油由来)、マカデミアナッツ油、エタノール(サトウキビ由来)、ホホバ種子油、オリーブ油、カルナウバロウ(乳化)、カミツレエキス、ツバキ油(長崎県五島地域内に自然樹生しているもの)、リゾレシチン(大豆由来の乳化剤)、セイヨウシロヤナギ樹脂エキス、スクレロチウムガム、キサンタンガム、クエン酸、ベルガモット果実油(精油)、ローマカミツレ花油(精油)、香料(アトラスシーダー=杉 精油)


こだわりとしては

*合成界面活性剤、合成香料、タール系色素、鉱物油、パラベン、フェノキシエタノールなどの合成保存料、合成溶剤を無添加。乳化には大豆由来の天然乳化剤を使用。防腐にはサトウキビ由来の発酵エタノールとセイヨウシロヤナギ樹皮エキスを利用しているとのことです。

*今までの製品に比べて2倍に濃縮したカミツレエキスをさらに配合量もアップ

*シアバターをはじめマカデミアナッツ油、ホホバ種子油、オリーブ油のオイル累はすべてオーガニック認定

*精油もオーガニック認定

とのことで。


写真うしろに一緒に写っているのは、安曇野にある自社農園の有機JAS認定花のみを使ったカモミールのハーブティで、花はひとつひとつ手積み収穫→丸ごと天日干し。毎年人気の収穫時限定のお茶です。ベビーや子供の水分補給にもよいとのこと。



華密恋 エクストラモイストクリーム 10月上旬発売予定 5775円
有機カモミールハーブティ 9月下旬 数量限定発売 840円


カミツレ研究所のHPはこちらです
[PR]
by tekumaku_w | 2011-09-22 13:09
今日は原稿書きなので、部屋にアロマを・・と思い、アユーラのクリスマスコフレを試してみることにしました。

こちら、「スピリットオブアユーラ」という香りを中心に、年末コフレならではの限定品3つがついてくるものです。

なかでも注目はモバイルアロマディフューザー caoru。お水を入れてアロマオイルを少したらして電源入れるだけですぐ香りのミストが出てきます。時間は30,60、90分と選べますし、夜になったら本体にライトをつけることもできます。

左の口からミストが出てるのですが、ちょっと見えづらいですね。すみません。

b0286136_1413992.jpg


とてもコンパクトにできていて軽いので、たとえば夜には別の部屋で・・というのも簡単
。旅にもって出る場合には専用ポーチに収納できますので、これまたラクラク。




b0286136_14131066.jpg


こちらは、先日、アユーラ本社の発表会会場でのディスプレイ。Twitterですぐ流したものです。



スピリットオブアユーラ アロマリウムコフレ 
4品セット 11/23より限定発売
10500円
[PR]
by tekumaku_w | 2011-09-16 14:09 | おすすめ美容

今日は美的連載の撮影取材のためアムリターラハウス(アムリターラの直営店@神宮前)に行ってきました。

そこで知った新製品がこちらです!

イスラエル産 ヘマトコッカス藻から採取されたアスタキサンチンのオレンジ色が生きたリップグロス

b0286136_1413937.jpg



開発者の勝田さんもいらしてくださって、このグロスへのこだわりを話してくださいました。

「毎日口紅を使うと一生のうちに30本の口紅を食べている計算になるといわれてるんですよね。それだったらむしろ、口の中に入った方がいい、くらいの成分で色つきリップグロスが作れないかと思って、エイジングケアのサプリにも使われるアスタキサンチンを色素としてたっぷり配合したのがこちらです」


「そのほかの成分もラズベリーオイル、ひまし油、シアバター、ホホバオイル、カルナウバ椰子の葉のロウ、大豆油から抽出したトコフェロール、マンダリンオレンジの精油と、すべてオーガニックの植物性にこだわりました。ヴィーガンの方にも安心して使っていただけるグロスです。」


ラズベリーオイルとアスタキサンチンは昼間の日差しから唇を守る働きも(゜▽゜)/

さいきんちょっとオーガニックにこだわりはじめた男子諸氏にもおすすめであります。

オレンジ色が唇の上できれいな自然の赤みとなります。



自然成分、植物成分利用といってもそのほかの成分も多々入っているものが多い中、こちらの全成分は話に出てきたものだけ、しかも原産地までしっかり公開されています。


ちなみに全成分、

ヒマシ油、カルナウバロウ、ヨーロッパキイチゴ種子油、シア脂、ホホバ種子油、トコフェロール、ダイズ油、マンダリンオレンジ油、ヘマトコッカスプリビアリス油(天然アスタキサンチン/ヘマトコッカス藻由来)

ザッツオールです。保存料殺菌剤など不使用のため、開封前は製造日より1年半が使用期限、開封後は早めに使い切ること推奨となっています。

唇に心地よく広がって安心してつけていられる本当にいいグロスで、さっそく気に入りました〜
[PR]
by tekumaku_w | 2011-09-15 16:09

さてそれではテクマク恒例、楽屋訪問取材!ということで、ウォン・カーワァイ氏とともに今回のコレクションの色出し、またフィルムのメイクを担当した打出角康(うちいで・かくやす)さんにお話をうかがってきました。



b0286136_1413671.jpg


「今回、カーウァイ氏がイメージしたキーカラーは、ゴールド、シルバー、レッド、ブルーの4色でした。まぁゴールドやシルバーはこのクリスマスコレクション時期には出てくる色ですし、赤もこの季節に結びつけやすいですよね。。。。

でも、難しかったのはブルー!!

監督がイメージした色というのがセルリアンブルーという明るめの青だったので、それをどう出してコレクションに落とし込むか、かなり悩みましたね」

と打出さん。

「そこで、1色での表現でなく、3色を重ねて監督のイメージする色に近いものいになるようにと考えてみました。ダークな色、ミドルカラー、ハイライトを同時に使って重ねてそのイメージに近づける、、、という挑戦でした。」

それがこのパレットですね ↓


b0286136_141371.jpg



ブルーの色出しのほか今回見て欲しいのはクリームチーク(パレットの最下段左)

処方にこだわって、パウダーとクリームの中間のような質感にしました。つけるのは指でもブラシでもよく、パウダーのように頬の肌の上になじませることができます、つきすぎたときには、最下段の右にあるベージュ色を上に重ねればトーンダウンさせられるようになっています。」


なるほどそれは便利


打出さん曰く「今回は男性同士のコラボだったので、できたがってみたら、女性像が今までよりもぐっとグラマラスになっていました。そのあたりも見どころでしょうか(ほほえみ)」

確かにいままでは女性クリエイターとのコラボだったので、可愛いとかコケティッシュとかオシャレさんとか、そういうイメージだったのが、今回はぐっとセクスィー風味で女っぷり度あがる系コレクションになっていますね

大人っぽくイメチェンを狙っている人は注目!!

もろもろ11/1発売です
[PR]
by tekumaku_w | 2011-09-11 18:09 | おすすめ美容


11/1からの発売でこのコレクションを含む6825円以上お買い上げのかたに、ウォン・カーウァイ監督プロデュースのキャンドルセットのプレゼントあり。香りはほのかなローズ系だそうです。もち、個数限定

b0286136_1413816.jpg


第二弾としては12/1から個数限定にてポーチプレゼントもあります。



こちらはミニブラシセット

*フェイス・チークブラシ
*アイシャドーブラシ(1)
*アイシャドーブラシ(2)
*アイライナー・リップブラシ

ポーチのサイズはW115mm・H170mm程度です


b0286136_141387.jpg


全13アイテムの内訳は、このブラシセットのほか

アイ&チークパレット限定2種
フェイスパウダー 限定1種
マスカラ 限定1色
アイラッシュ 限定2種
メイルカラー 限定2色
ルージュアンリミテッド 限定3色
クレンジングオイル 限定1種

となっています。

問い合わせはシュウ ウエムラ

今後こちらのページでショートフィルムが公開となりますのでお楽しみに
[PR]
by tekumaku_w | 2011-09-11 18:09 | おすすめ美容

外箱を開けると限定コスメの容器はこんなことになっています

これはウォン・カーウァイ監督の「容器の周囲を3Dにし、あたかもフィルムが回っているかのように動いてみせる」という、いかにも彼らしい発想から創られたものです


b0286136_1413535.jpg






イメージフィルムの中でのメインのお化粧で使っているのは赤口紅なんですが、そのほか使いやすいソフトなベージュ系も同時に発売に。

後ろに見える箱はグリッターつきの、かなり大胆なつけまつげ☆

リップを開けるとこんなことになります


b0286136_1413635.jpg



(続)
[PR]
by tekumaku_w | 2011-09-11 18:09 | おすすめ美容

年末限定シリーズの発表が続いていますが、先日ありましたのが11月に発売になるシュウ ウエムラのクリスマスコレクション


今年はなんと香港をベースに数々の作品を送り出してきた脚本家・映画監督、ウォン・アーウァイ氏とのコラボレーション。

ウォン・カーウァイ氏は今回のイメージフィルム「MASK」を監修しただけでなく、色出しや容器のイメージなどにも参画したということで、彼の作風もりもりの幻想的なコレクションになっていまして、とても楽しいです。



そのショートフィルム「MASK」
10月から限定サイトでみることができますので少々お待ち頂くとして・・・

スチルのイメージはこんなようすです


b0286136_1413334.jpg



そして限定コレクションの外箱はこんなかんじです



b0286136_1413470.jpg



(続)
[PR]
by tekumaku_w | 2011-09-11 17:09 | おすすめ美容
目元老化の詳細更新の途中で、週末にお伊勢参りに行ってきました。今年は2度目ですが、偶然メールのやりとりをしているうちに友人が、お参りの計画たててたので、便乗して参加してまいりました。

名古屋近郊在住の友人の友人による仕切りにより、近鉄の周遊券「まわりゃんせ」を入手せよとのことで、これを東京のJTBで手数料払ってゲト!

これがあると名古屋からこのエリアまでの往復の特急運賃+指定料金のほか、松坂液から賢島駅までの間での近鉄電車の乗り降りが何度でも自由に可能。また三重交通バス、鳥羽市かもめバス、鳥羽市営定期線などが乗り放題。大賞ホテル旅館の温泉の日帰り入浴が割り引き。指定宿泊施設にとまると帰りの手荷物を1つ自宅まで無料配送・・などの使える特典がついてきますのです。


ということでこの乗り降り自由区間にある鳥羽の水族館にも寄ってみました。おなじみラッコやジュゴン、セイウチなどがもりもり迎えてくれますが、いちばんなごんだのは、カピバラさんズです。なんと水中でこんな立ち姿になってサービスしてくれました






b0286136_1413224.jpg




そして鳥羽から、さっそく三重交通のバスに乗って二見浦(ふたみのうら)という海岸へ。ここにはこの夫婦岩があるため、伊勢参りする前にここで日の出を見るべし、としょっちゅうお伊勢様にいくたびにタクシーの運転士さんに指導を受けており一度は行かなくちゃと思っていたのですが、ついに実現。日の出の時間ではありませんでお昼ちょい前ですが・・


b0286136_1413376.jpg



この夫婦岩、ごらんのように寄り添って立ち、結ばれているわけなんですが、今回の台風12号の風雨と波により、ここに行く2日前にこの絆が切断されてしまったそうなのです(ニュースにもなったといってました)

が、なんとここへ向かった9/5は定例のしめ縄を取り替える日でして、到着したときにはきれいな新しい縄がしめられたばかりというタイミングでお参りすることができました(ご利益 ご利益 )

手前には二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)、さらに岩の先には天の岩戸屋という場所もあってなかなか興味深いスポットです。

古来、伊勢神宮に参拝する者は、その前に二見浦で禊を行うのが慣わし。二見興玉神社へ参拝、興玉神石周辺より採取した無垢塩草でお祓いを受け、心身の清めと奉仕の無事を祈っていた。。。そうで、だからまずお伊勢様に行く前にここへ行け!だったのですね。

まわりゃんせのおかげで行くことができました・・
[PR]
by tekumaku_w | 2011-09-08 15:09 | 旅先から

さて、目元のエイジング新事実終わらせましょう。

事実その3

質感エイジング。目元は皮膚が薄いからダメージを受ける。それは誰しもわかっていることですが、そのために受けるダメージの詳細をもういちどおさらいしておきましょう。


ということで、知れば知るほどこわい目元の弱さ

薄いから→小じわができやすい

薄いから→たるみやすい

薄いから→血管が透ける

そしてそれだけでなく、注目しておきたいのが

薄いから→バリア機能が弱いということ

つまり、紫外線や乾燥からダメージをうけるうえ、まばたきや眼精疲労などさまざまなストレスも受けやすいということも考えてあげないといけないのです。



ということで長引きましたのでまとめますと
めまわりの悩み


(1)色
青くま、赤くま、くすみ、目の際までできるシミソバカスや色素沈着

(2)立体感
まぶたのたるみ、目の下のたるみ、目の落ちくぼみ、はれぼったさやむくみ感、目が小さくなる、たれる。額にしわが寄る

(3)質感
まぶたのしわ、目尻のしわ、目の下のしわ、めまわりのしわ、乾燥、かさつき



・・ということで単にアイクリームといってもこれだけの敵を相手にしなければならない。果たしてアンチエイジング的な見地に立った場合、自分の今のアイケアアイテムは悩みを解決する実力があるのか、というのは、年齢による老化の局面に応じて考えていったほうがよいでしょうね

自分は色老化なのか、立体感老化なのか、質感老化なのか・・さてみなさんの目元にはどの部分の老化が顕著に出ているでしょう

ケアする前に自分の肌状態を知ることってとても大事だと思います。
[PR]
by tekumaku_w | 2011-09-08 15:09 | おすすめ美容


人は目元から老ける・・・わかっちゃいるけど、理論として整理されるとえらくわかりやすく胸に響きますw ('д`)ノ。゜。 エエーイ


しかしエイジングの進行は色味だけではありません。という続きの巻。


新事実2 立体感エイジング

立体感エイジングとは、ごぞんじ た・る・み です 


目元のたるみは頬のたるみのように単純ではないのだそうで・・それをクレ・ド・ポー ボーテ理論にそってなるべくわかりやすく解説すると


【目元の特殊性】

(1)目元は眼球を取り囲む眼輪筋以外は筋肉の支えがなく、だからよけいにたるみやすい


(2)まばたきなどの時、皮膚と筋肉、脂肪が一体となって動くわけですが、そのまばたきたるや、1日2万回といわれており、その開閉による絶え間ない動きによって老化しやすくたるみやすい



しかーも、上まぶただけでなく、たるみは下まぶたにもやってきます・・これもごぞんじのとおり・・・


【下まぶたの特殊性】

(1)目袋

皮膚と筋肉の衰えによって、その奥にある脂肪が前方に尽きだしてきて、下まぶたの組織を押し出します。それが目袋ができる要因 ゜。<(><);>゜。 (目袋があると可愛いとかなんとかかんとか・・でもエイジングという観点から見ればそれは衰えの証拠)

(2)むくみ

目元回りの組織は真皮線維の密度が低くスカスカな状態のため、水分代謝が弱くなると、その隙間に水分がたまるため、むくみやすい。そしてむくみを繰り返すから、たるみやすくなる・・


さらに

【欧米人と日本人のまぶたの違い】

日本人を含むアジア人のまぶたは、脂肪層のボリュームが多く、まぶたがふっくら眼球にかぶさっている状態です。だから内側にたたまれず、目をあくときには、まぶたそのものを上に上げる上下運動となっています。おりたたまれないということは、はれぼったさが出やすい。また脂肪層が多いということは元々はれぼったさやむくみ感が強調されやすいということ。


とどめにw
(余談)

【まぶたのたるみが額のしわもつくる!!】


上まぶたがたるんでくると、目を開ける際に前頭筋に力が入ります。その筋肉運動をそのたびにさせているので、無意識のうちに一緒に眉が引き上げられ、額に余計なゆがみが発生して、しわとなってしまう・・ミューン

(これはすごく実感・・というかもともと眉に力が入るような筋肉のつながりになっちゃってるようで、とくにまぶたが重いとは思わないんですが、眉で目を開いてる実感があり、たしかに額に横のラインがはいりがちです gkbr です

(続)
[PR]
by tekumaku_w | 2011-09-03 14:09 | おすすめ美容