instagramやtwitterで日々流している美容情報を定期的にまとめアップすることにしました。リアルタイムで情報キャッチしたいかたはスマホでinstagramまたはtwitterのtwi_tkmkをフォローくださいませ ( 渡辺佳子 )


by tekumaku_w

<   2011年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

支援なう!

すみません。しばらくアップできずにいました。


実は知人を通して気仙沼の被災状況を知りまして、、現地の女性たちは大変な被災の中、すでに仕事を再開しているのです。何もかも流されたところからすでにもう立ち上がっている。それだけでなく東京からかけつけた知人に「絶対私たちの手で復興させるから」と力強くいっているのだそうです。

そんな彼女たち、仕事を再開したので、化粧品が欲しい、とのことで、詳しく内容をうかがったところ、シャンプー、化粧水を筆頭に保湿、日焼け止め、リップクリーム、簡単なメイクもの。

これに、私たちのほうで、使うにあたってのコットン、食事が偏っているため栄養バランスを保つためのサプリもあったほうがいいよね、と付け加え、これらを現地に送る

それも避難所ではなく、その先に、自宅がかろうじてあるためにかえって避難所からの物資が届かない人たちの家に直送しよう、という有志活動を始めてみたのです。


避難所に支援に行ったボランティアの方の話では受付る人が年配の男性だと「化粧品?それはいらない」と切り捨てたり、避難所に届いていたとしても人数分揃わないアイテムは箱をあけないとつんだままにされていたり、かなりのお役所対応

そんなことではいつまでたっても必要な物が必要な人に届かないではないか!!

一方、ヤマトやゆうぱっく、場所により機能している流通が異なっているので注意が必要ですが両方とも頑張って配送してくれており、途中で止まることは今のところないのです。局留め扱いで受けた荷物も現地では局員さんが一所懸命届けてくださってますし、ヤマトは悪路でも配送できるキャタピラーつき車を導入! それなら私たちもがんばって化粧品を送りだそうじゃないのと活動を進めております。自腹で揃えられるものには限りがあるのでさまざまな関係各所様のご厚意によりまして希望の数が少しずつ集められています。なかにはご自分の小規模な会社で作っているシャンプーをどうぞ送ってくださいといってくださるかたもいて。しかもそのなかにはTwitterのつい友からの紹介で、まだ私もお会いしたこともないのに、ご協力くださる。本当にありがたいことです。


またTwitterでひょんなことから知り合った女の子が岩手県の大槌町というかなりの被害のあった町の子で、彼女自身、おじさんがまだ見つからないうえ、彼女の家に津波で家を流された親戚がみんな寄り添って暮らしている状況なのに、けなげに支援窓口になって、もっと大変な人たちのところまで足を運んで配ってくれていますので、彼女の情報を頼りに孤立している自宅被災者へ必要物資を化粧品に限らず手配するのも友達と手分けしてやりはじめております。自衛隊風呂にみんな交代で入るときにやはり喜ばれるシャンプーとか。また昨日あらたに情報のあった孤立18世帯にはおむつとか、男性用ジャージとか靴とか、レトルト食品とか所望されており、Twitter通じて呼びかけて細々と仕送り中です

そんなこんなでちょっと手が離せず美容情報のアップはしばしとまってしまっており、申し訳ありませんがなにとぞご容赦くださいませ

支援よびかけは支援アイテム内容がめまぐるしく変わるため(昨日おむつといっていたのに朝おきたら支援物資がきたので今は大丈夫ですというついっとになっていたり)ブログよりやはりTwitterのほうが即時性があって便利なんですよね。なので支援参加したいわというかたがいらっしゃいましたらぜひTwitterで私のアカウント@twi_tekumakuをフォローしてみてください。ときどき募集をつぶやきます。

今月は出張があるのでそれまでにできることをしておこうと思っているので、支援参加いただける場合は早めがありがたいです('3')ノ
[PR]
by tekumaku_w | 2011-04-11 14:04 | 美容界だより

先週、シュウウエムラの発表会がありました。震災以来、ほぼすべての発表会が延期や中止になるなか「発表するメイクアイテムはもともとメイクアップで日本を元気にしよう!というコンセプトであったため、この時期はありますが、思い切って発表会を決行します、という案内でした。その気持ちには大いに賛同!
  

ということで会場にいってみますと。。。まずはシュウウエムラよりコフレプロジェクトへのサポートに関しての発表がされていました。


コフレプロジェクトとは、いままで、日本国内で利用されていない化粧品を回収して、ネパールで女性の雇用を作り出すための美容サロンオープンのための講習会に使う、などの活動をしてきています。


今回の東日本の震災にさいしてもいち早く、被災地の復興に向けたサポートを始めています。その活動とは、被災地への化粧品の提供、メイクアップキャラバンの企画です。


被災地とはいえ状況はさまざまで、いまだライフラインも整っていない地域へ化粧品を送っても、役立たないばかりか場所をとるだけ迷惑になります。

そこでコフレプロジェクトでは、それらは整い、日常に戻りながら復興に向かって生活を立て直す段階に入った地域のみなさんに必要な化粧品を提供し、希望があればメイクアップのワークショップを催すというプロジェクトを進めようとしています。


そこで私からも

【協力のお願い】

このブログをご覧になっている各化粧品会社のみなさまへ

コフレプロジェクトでは、長期的に被災地を化粧品を通して支援していこうとしています。
被災地がその時点で必要としているトイレタリー&化粧品を持って訪問し、必要とあれば、メイクアップを通したコミュニケーションをとる仮設パウダールームを提供しようとしています。

そこで、ご提供いただける化粧品を少しずつでも結構ですので、寄付していただけないでしょうか。メイクアップであれば廃盤になって販売はできないが十分使用できるもの。スキンケアやトイレタリーであれば、サンプル計上してすぐ動かせるもの。また、被災地への寄付としてお譲りいただけるもの。

主に必要としているアイテムについては、その時々で変化してくると思います。同じアイテムが多量かさなってしまっても無駄になりかねませんので、お送りいただけるようであれば、その前に、主宰者の向田麻衣(むかいだまい)様まで連絡をお願いいたします。


コフレプロジェクトの参加やお問い合わせ先

mail@coffretproject.com


なお第1回キャラバンは4/12に石巻での開催が決まっており、それに対しての化粧品寄付締め切りは4/6となっています。

でもこのプロジェクトは1度で終わるものではないため、今回間に合わないようであっても、ひき続き長期的展望でのご協力をお願いできればありがたいです


コフレプロジェクトのHPはこちらでご覧になれます
[PR]
by tekumaku_w | 2011-04-03 12:04 | 美容界だより