instagramやtwitterで日々流している美容情報を定期的にまとめアップすることにしました。リアルタイムで情報キャッチしたいかたはスマホでinstagramまたはtwitterのtwi_tkmkをフォローくださいませ ( 渡辺佳子 )


by tekumaku_w

<   2010年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧


香港話が続きましたので、ここでちょっと国産のドリンクの話を・・

長野県安曇野で栽培された日本産のカモミール(カミツレ)を手摘みし、花を天日干しにして作られた有機カモミール ハーブティができあがりまして、今年の収穫分2000セットのみ販売されています。


b0286136_1412305.jpg

その名もカミツレ研究所というところが自社の有機JAS認定の畑でとれた原料のみを使うため非常に数量限定で販売しているもので、実はカミツレの栄養ドリンクもあります。こちらはHPを見ますと1万本限定みたい。


カモミールはご存じのようにリラックス効果がありますので、夜、飲んで安眠効果。また内臓もやわらげてくれるのでストレスをうけたなーという日に飲んで緊張をほぐしておくとよいかと思います。

カフェインが含まれていませんので夜、寝付きの悪い人はコーヒーや緑茶、紅茶などはひかえて、こうした日本の大地が育んだハーブを丸ごと、しかもお日さまのパワーを加えてお茶にしたものを飲む習慣をつけてはいかがでしょう?

さすが天日干しだけあってかなり味が濃く出て美味しいです。


ブランドの名前はカミツレから由来する華密恋


メーカーのHPからですと、ドリンクは10本セットで3150円

カモミールハーブティは6包入り 840円

カフェインレスなのでお子様やご高齢の方のいるご家庭へのギフトにもよろしいかと。ご高齢の方で心臓が強くないかたはカフェインは控えたほうがよいのですよね。そんな場合は午後のお茶の時間はカモミールでひといき入れて深呼吸をしますと、気持ちもやわらぎます・・


詳しくはカミツレ研究所のHPを参照くださいね
[PR]
by tekumaku_w | 2010-10-31 14:10

香港にいると翡翠を買いたくなります。

香港の人にとって翡翠は厄除けで身を守るものだから。

翡翠といえばグリーンのイメージですが、さまざまな色調があり、今は気分的に紫の石にひかれているので、こういう


b0286136_14123087.jpg



ラベンダージェイドと呼ばれている翡翠を求めてきました。っていうか大きいほうをかったら小さいのをおまけしてくれたんだ〜


ザ・ペニンシュラ香港のアーケード中2階のいちばん奥にある翡翠専門のお店でおじさんが1人で手作りしたのを売ってます。おじさん=いちおアーティスト

グリーン翡翠もあるし真っ黒な翡翠もこういうラベンダーカラーの翡翠もありデザインはあまり凝ってはいないシンプルなものと、彫りを施したものすごいエスニカルなものと両極端なんですが、どれもすべて1500HK$というアバウトさがナイス!

1つずつ石の色が微妙に違うから、いろいろ試着して顔色に合うものを見つけるのがいいです。

おじさんはリピート買いに行くと、初回よりもろもろおまけしてくれるので行くたびにのぞくのが吉。

有名な印鑑作りのTANGの店の奥隣りなのでわかりやすいと思います
[PR]
by tekumaku_w | 2010-10-25 19:10 | 美容界だより

まだありますw

チャイニーズばかりだったので1つ横メシ。

キャセイパシフィックを持っているスワイヤーグループが作った新しいホテル、upper house内のダイニング「CAFE GRAY DELUXE」


シェフはNYで修業してきたという話しかわからないのですが、3コースにシャンパンとグラスワインなどもいただいて諭吉1枚程度ですむので、チャイニーズに比べれば割高ではありますが、よいんじゃないでしょうか。

香港在住の人にいわせると「メニューが全然変わらなかったのよ。季節が川田からもう変わったかな?」だそうですが、旅行者として行くぶんには問題なし。9月頭の状況では香港通の人にmust goを聞いたら一番に名前があがりました。

ダイニングエリアは席数が少ないこともあり、とても混んでいます。香港行く前から予約入れないと難しいかも。

もし食事の席がとれなかったらバーエリアに行って1杯のむのもあり。バブル華やかなりしころのパークハイアット東京のバーみたいな雰囲気があってめちゃくちゃ賑わっています。

アッパーハウスに宿泊するとこの場所で朝食となります。
場所はパシフィックプレイス、地下鉄、金鐘(アドミラルティ)です。


CAFR GRAY DELUXE

Level 49, The Upper House, Pacific Place
88 Queensway

3968-1106
[PR]
by tekumaku_w | 2010-10-18 10:10 | eating

はずさないシリーズその7

これは先日の仕事の旅のとき、コーディネイターJ嬢が「なにたべたいですか〜」と聞くと、担当Sちゃん&カメラマン「北京だっく!」

北京ダックは北京においしいところがあるっちゅーに。しかしここは香港。

ひとつ昔からある有名なところがあるのですが、そこは、もう何週間も前から予約しないと入れないヒートスポットになっちゃってるとか。値段が安くてあのレベルの北京ダックたべられるからというのが理由らしいのですが。

そこでJ嬢が予約を押し込んだのが、ロイヤルガーデンホテル内にある東来順。

ここはですねー。実は羊のしゃぶしゃぶで有名な店でして、いつかdepartures誌で香港特集を担当したときにみんなで食べに行きました。

が、さすがにしゃぶしゃぶしたいほど寒くなかったので、北京ダック。

北京ではどこでも半羽っていう頼み方ができるんだけど、香港は丸々1羽がお約束みたいですね。1羽を4人だと結構な量、食べまくりです。

皮を食べた後の身の部分をどうするか、聞きに来ますので、今回はスープにしてもらいました。細切れにしてチャーハンにすることもできます。


東来順 Dong Lai Shun
チムチャツイ東のザ・ロイヤルガーデンホテル
地下2階

例のチムチャツイとチムチャツイ東をつなぐ地下道を使うとチムチャツイ駅からすぐです・私達はチムチャツイ東の九龍シャングリラに泊まっていたので目の前でした。
[PR]
by tekumaku_w | 2010-10-16 19:10 | eating


はずさないシリーズ。ここを忘れちゃいけなかった。

10月頭の出張はかなり緊急出張で、宿やエアの手配を急いでしなければならなかった&国慶節の休日近辺で中国関連の人にとってはゴールデンウィーク中だった、ということで、非常に香港が賑わう時期。

雑誌の取材は通常でも予算に限りがあるのに、別冊付録ということでさらに予算削減・・そんな予算じゃ行かれないっすよーな私達の予算にこたえてくれたのがキャセイホリデー。ここはキャセイパシフィックの往復便とともに、ホテルリストの中からホテル宿泊まで指定できて驚くほどリーズナブルなんです!

それでもホテルが混んでいまして、唯一予約できるといわれたのが、チムチャツイ東の九龍シャングリラ。唯一予約できるから。。で取った割には、とてもいいホテルで、お部屋もツインかつ広々としていました。

ロビーはこんなかんじでクラシカル

b0286136_14122796.jpg


お客様案内担当の、たぶん古くからいる方がとても気遣いがあってキビキビとスタッフを仕切っていて、目が行き届いている感じ。タクシー待ちもほぼなくてすぐ配車してくれますし、気持ちの良いステイでした。

このホテルのあるチムチャツイ東というエリアは昔はちょっとチムチャツイから離れて不便という位置づけだったのですが、目の前に別の地下鉄路線駅ができ、それとともにチムチャツイやペニンシュラあたりまで地下道がつながって、イッキに便利になりました。

先日個人旅で最後の1泊に泊まった新しいチムチャツイのハイアットリージェンシー(チムチャツイ駅前 新ビル内)あたりまでは直線地下道でつながったのでほんの数分でいっちゃいます。この前アップした国富楼などの入ったI-squareビルまでも直線1本。すなわちえっらい便利。

今回到着が夜8時ごろだったためチェックインが9時ごろ。そこから夜ゴハンだったので九龍シャングリラホテル内のチャイニーズ「香宮」に行きました。


b0286136_141229100.jpg


外に出る時間がないのでいったのですが、実は地元のコーディネイターJ嬢も、いいよ、というレストラン。夜9時を回っていたので野菜中心の軽い選択にしたせいもありますが、1人3000円くらいでさっくり食べられました。

内装もいかにもアジアな感じできれいですし、オススメ。九龍側で困ったら思い出すとよいかと思います。
[PR]
by tekumaku_w | 2010-10-15 09:10 | eating

香港といえば、ミシュラン★★★を獲得したのがフォーシーズンズホテルのチャイニーズダイニング ロンキーヒン

ここも飲茶なら予算内で気軽に行かれます。ただし激しい人気なので、プライベート旅のときに日本出発のだいぶ前から予約入れてもらいました。


昼間のみの点心、あまり数が多くありませんのですべて食べられるんじゃないでしょうか。もう少し種類が多いといいなぁ、なんだけど。

b0286136_14122495.jpg


まぁさすがに美しいですよ。ひとつひとつが作品てかんじです

b0286136_14122571.jpg



お味も上品です。そのぶんパンチに欠けるきらいはあり、個人的にはすでにオススメしたフーシンとか国富楼のほうが好きですが・・クセのない味が好みの方にはこちらの洗練味がよいかもしれません


季節野菜のガイランなんかも、このように、すばらしい翡翠色に仕上げてもってきてくださいます。こういう仕上げはさすがにここがピカイチでしたね

b0286136_14122639.jpg



話の種に一度は行ってみるとよいかと思います


また、このダイニングのある位置は恐らく風水的に龍脈上なんじゃないかと思う心地よさです。建物そのものが贅沢につくられてますので、眺めもよく、海辺なので水の気も取りこんでる感じで(ほんとは宿泊者のみアクセスのプールサイドが最もよい感じなんですが)

香港の龍脈は九龍半島からヴィクトリア椀を経て、このフォーシーズンズのあるセントラル西〜上環あたりで再上陸し、ヴィクトリアピークに向かって、最後、香港上海銀行のビルのあたりで留まる、というのが通説なんですよ。また水辺は「陽」の気を取り入れることができるということで、「陰」に傾きやすい女性にはとてもいいと太極拳の先生がいっていました。

ということで食後はホテルから港の桟橋のほうまで歩いてスターフェリーに乗って九龍側に戻るのもいい気持ちですよ♪

離港するかたはフォーシーズンズにつながっているIFCから地下に降りると空港エクスプレスの香港駅。あらかじめターミナルでチェックインしておいてから、ここで11:30から飲茶早飯してすぐ列車に乗ればオッケーです
[PR]
by tekumaku_w | 2010-10-14 12:10 | eating


香港シリーズに戻ります。

9月初旬のプライベートのときは九龍半島側のザ・ペニンシュラに久々に泊まったので、夜は九龍側の新しいところにいってみようということで、でも、いまどこが美味しいんだろうねぇと迷いっぱなし。

そこで久々のご挨拶かたがた電話してみた香港コーディネイターの草分けの草分け、T氏に相談してみることに。

するとi-squareあたり行ってみた?

というので、いえいえ。全くと言いますと、

じゃ31Fの国富楼、ここは海鮮で、フクリンモンから引き抜いたシェフでやってるところ。安くはないけど海鮮食べるならいいよ。

うーん、もう少しこなれた値段がいいんですけどー

というと

じゃその下の30F、同じ経営なんだけど南海一号。ここは広東料理で眺めがいいし、予算1人5000円くらいでいけるんじゃないかな


というオススメがあったのでホテルのコンシェルさんに予約してもらって南海一号へ向かいました。

夜なのでデジカメではきれいに写せませんでしたがたしかに素晴らしい夜景です。下から高天井の上までの一面のガラス貼りで、香港島側の百万ドルの夜景独り占めなかんじです。目の前にペニンシュラが見えるのでまぁだいたいペニンシュラと同じビューとお考え下さい

ご存じのように香港では夜8時からネオンとレーザーのライトショーが繰り広げられますよね。だからその時間にあわせて予約しておけばゴハンたべながらスペクタークルが目の前です。かなりお得な観賞席。

もちろんそのぶん、競争率高いので(私達はズラして8時半予約とかだったのでその日でも席が取れたのですが)夜景とスペクタークルを見たいようなら前もって予約が吉です

お料理も野菜中心に食べたせいか、胃腸にやさしくて美味しかったですよ♪

なかなかオススメ。母と娘の香港旅行などにも安心です。

i-squareはチムチャツイ地下鉄駅と直結した高層ビル。上階レストランフロアには別エレベーターなのでまずはお姉さんコンシェルジュのいるフロアまでエスカレーターでのぼります。
[PR]
by tekumaku_w | 2010-10-13 16:10 | eating


ひきつづき香港シリーズです。前回アプの話の後日談です


i-square30Fの南海一号の夜景と野菜夕食に癒された9月頭の旅でしたが、続いて訪れた10月初旬の仕事旅にて

フライトはキャセイで帰国便が最終便の香港16時過ぎ出発便だったため、これだと十分街中で飲茶のお昼ができるのですよ。それでさて、どこにいこうかと思ったときに、ご飯食べてからいったんホテルに戻り、荷物持って九龍駅に向かってチェックインという流れになるので、九龍側のなるべく近くて便利なところで・・という条件つき。

ならばあの、前回、夜は海鮮で高級なため自重したi-square31Fの国富楼も、飲茶ならリーズナブルで、店の様子がリサーチできるんじゃない!?ってことで、予約してもらい、最後の飲茶に行ってきました


そうしたらホント。美味しかったですー。洗練されたすごくいいお味でした。

b0286136_14122451.jpg


点心なにを頼んでも美味しかったし、チャーハンもめちゃうま。実はテイクアウトにして自主・空弁にして機内で食べましたの


箸を出しているのは編集のSちゃんです。コラー!!


30F南海一号、31F国富楼ともに夜上海の経営でした。30Fはカジュアルに31Fは接待向き。だから31Fは個室ばかりよ。眺めをとるなら30Fのずとーんと抜けてる大きな窓側がベター
[PR]
by tekumaku_w | 2010-10-13 16:10 | eating

閑話休題〜三越ランチ

b0286136_14122222.jpg

b0286136_14122398.jpg


そういえば、香港行く前に、銀座三越のレストランフロアでランチした報告を忘れてました(^O^)/

12階の「しゃくなげ」です。美山山荘の中東さんの4代目氏による日本料理。


9月末に行ったのですが、このときは1週間前くらい予約で取れましたし、当日も席がありましたよ。

次回いつ行かれるかわからないので、5000円のコースにしました。

季節を感じさせる素材が生きた味で、非常にヘルシーでした。

甘味は自分で中身を入れて作る最中

季節が変わったらまたゆっくり食べに行きたいです

('∀'●)
[PR]
by tekumaku_w | 2010-10-07 17:10


これから香港も秋になり、スープが美味しい季節になりますね。スープならLee Garden 利苑

利苑は香港内にいくつもありますが、今回行ったのは九龍側、泊まった九龍シャングリラの近所のお店です。

ジモピのオススメだったのですが、利苑は薬膳スープをいろいろ作っていて、今回は予約しないとなくなる、ホラ貝とクコの実、ナツメのスープ。もちろんそのほか肉類などもスープの出しのために入ってますが。

コンソメみたいなクリアスープですが、本当に貝の滋味たっぷり!


(朝から1日歩き回った日の最後の夕食で行ったため。疲れすぎ+眠りの神にとりつかれていて写真とる気力なく、すみません)

たしかに、この美味さは予約しないと売り切れるかと。


他にも薬膳スープ各種あるそうなのでスープが飲みたい日は利苑、お試し下さい。
[PR]
by tekumaku_w | 2010-10-05 21:10 | eating