instagramやtwitterで日々流している美容情報を定期的にまとめアップすることにしました。リアルタイムで情報キャッチしたいかたはスマホでinstagramまたはtwitterのtwi_tkmkをフォローくださいませ ( 渡辺佳子 )


by tekumaku_w

<   2009年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

花より団子の日々

b0286136_13115128.jpg



まだ寒くて花見もしてないというのに、順調にお団子は食べてます(●^ー^●)


昨日は仙太郎の桜餅と花団子。渋谷の東急東横のれん街で買いました。東横のれん街は、いま、まさに春の和菓子祭り中。

ここの仙太郎のカウンターのスタッフさんはテキパキしてるのでストレスなくお買い物できるから好きなんです。
[PR]
by tekumaku_w | 2009-03-31 10:03
b0286136_13115535.jpg



日曜に銀座でランチした後、松屋通りのチケットショップ前を通ったら、4月4日から始まる展覧会のチケがあったので買いました。


モスクワの国立トレチャコフ美術館展です。

チケットやポスターのメインビジュアルにもなっているこの絵は、クラムスコイの「忘れえぬ女」

その微笑みから「ロシアのモナリザ」といわれる名画なのです


私の記憶が正しければ確か30年近く前にも日本で公開され、そのとき以来、まさに忘れえぬ絵となっていたので、いつの日かモスクワに行けるチャンスがあれば(T_T) と思っていたのですが、またの来日!ということで絶対見逃したくなかったの。


ペテルブルグのエルミタージュと違ってトレチャコフはロシアの画家の作品が中心です。19世紀後半から20世紀初頭の革命前夜時代のもの。

レーピンという肖像画作家が有名で以前、日本でも大々的な展覧会がありましたが、今回は出品の75点中50点以上が日本初出品とのことで、どんな作品が見れるのか興味深いです。


□国立トレチャコフ美術館展 忘れえぬロシア


Bunkamuraザ・ミュージアムにて4/4から6/7
[PR]
by tekumaku_w | 2009-03-30 10:03 | 美容界だより

さて、それではオトナのロングラッシュまつげを実現してくれるマスカラは?



といえば、私は昨年の発売時から、ランコムのヴィルトゥーズ ブラックキャラットを使っています。

b0286136_13115429.jpg



独特のブラシをまつげにあてて、前回転させながら(これがお約束なの)とかしあげると、一度塗りでも、かなりびよーんとまつげが伸びます。しかもきれいにセパレートして伸びるから、クリーンな印象。おまけにカール力もあるので、自然に毛先が持ち上がったロングまつげができあがります。

ボリューミーを求める人にはやっぱりこれでも物足りないと思うんですが、世の中、ボリュームだけが価値観じゃありません。美しく細く長く、自然にきゅるんとカールしたまつげは、とくに伏し目がちになったときにとても麗しい。そこに美の基準を置けるのって、やはり、オトナの感性だと思うのですが、いかがでしょうか


□ヴィルトゥーズ ブラックキャラット 011
¥3990
ランコム 03−6911−8151
[PR]
by tekumaku_w | 2009-03-27 14:03 | おすすめ美容


先日来、若者とは一線を画すオトナのまつげメイクについて考えておりまして、失敗しないマスカラとして、クリニークのカーリングマスカラを推奨いたしました。


とくに、まつげが下向きに生えていて、目の下に落ちやすいかたにはとても便利に使えると思いますし、また、どうしても下まつげにうまく塗れないという悩みがあるかたにも、小回りがきくし少しずつつくのでテクなしでもうまく塗れるはずです。ぜひ試してみてください(●^ー^●)


さて、今回はまつげに長さが足りないという不満がある場合を考えてみましょう。


長いまつげはやはり憧れですよねぇ。かといってエクステでは微妙な色気が出ないと私は思うのです。何となく人造人間っぽいのだもの。色気とは生身の人間に宿るものなので。


ですからマスカラできれいにロングラッシュを作るほうがベターだと思ってしまうわけなんですが、その際のマスカラ選びの注意としては、もう、絶対、ひたすら、ダマにならないこと!


まつげとまつげが束にならないのはもちろん、途中で枝分かれしたり、極太になりすぎたりしないこと。でも物足りなさ感なくしっかり長さはプラスしてくれるという微妙なバランスが必要なのです。


そのためにはまつげをなめらかにコートする軽くて質のよい液と、まつげをセパレートしながらきれいにとかしあげる精密なブラシが揃っていなければなりません。


思うに、ロングラッシュタイプってボリュームアップタイプよりも断然、液やブラシの「質」が問われるのかも。


だからこそオトナの婦女子には良質のロングラッシュを選んで、まつげに品を持たせて欲しいと思うのですよね。


(つづく)
[PR]
by tekumaku_w | 2009-03-26 12:03 | おすすめ美容

表参道Aoビル(4)

b0286136_13115473.jpg


RMK AOYAMA の新しいロゴと、明日から数量限定発売になるアニバーサリーリップパレット2009です。

リップとグロスリップス各5色の人気カラー10色セット。3675円です。

オープンは明日11時!
[PR]
by tekumaku_w | 2009-03-25 09:03

表参道Aoビル(3)

b0286136_13115399.jpg


ボビイブラウンの隣りにはRMKもできます。


ベースメイクキットが限定発売。また、昨年発売されて完売してしまったアイクレヨン、グロスクレヨンがこの店限定発売で復活とのこと。

人気カラーを集めたリップパレットもありましたよ。
[PR]
by tekumaku_w | 2009-03-24 21:03

表参道Aoビル(2)

b0286136_13115373.jpg

ボビイブラウン店内奥には、ボビイがリップスティックをクリエイトしたときの構想ドローイングや自筆メモが飾られていました。
[PR]
by tekumaku_w | 2009-03-24 20:03

表参道 Aoビル

b0286136_13115190.jpg

以前お知らせした表参道の紀ノ国屋隣りのビルが、いよいよ明後日オープンです。


通り沿いの路面にボビイブラウン!
[PR]
by tekumaku_w | 2009-03-24 19:03

清潔まつげ実現アイテム

b0286136_13115044.jpg



(いいオトナのまつげメイクを考える・・からの続きになります)



さて、オトナのまつげに必要なのは、ボリュームよりもむしろ清潔感。細部まできちんときれいに見えることを優先したほうがよいと思います(●^ー^●)。


オトナのメイクの印象として大事なのは、一過性の流行りを超えた品位とか、ゆかしさなのではないかしらと思うのですよね。

そこで推奨したいのがクリニークのカーリングマスカラ。

とっても繊細なブラシで軸が細く、液が軽いので、非常に少しずつ細かいところまできれいにきちん塗ることができます。

クリニークはニューヨーク発信のブランドですが、このマスカラは、まつげが下向きに生えている日本人の開発者のかたが特別に開発したものだと聞いています。


ボリューム命のマスカラって、まつげにもよくつくけど、失敗してまぶたにもべっとりついちゃったり、気づくと目の下にもついてパンダ目になっちゃったりするじゃないですか。アレは若いうちならいいけど、いいオトナになったら許されませんよね。それで朝、忙しいっていうのにまぶたや目の下についちゃった液をいちいち取る。これがまたストレスだし、ここでゴシゴシこすったりしたら、シワのモトです(~ヘ~;)


ならば最初からそういう心配のないツールを選択しておく、というのがオトナの知恵ってもの。

一般的に、下の世代に比べて、アラフォー世代より上の人たちは、口紅やチーク、パウダーファンデ塗りほどには、マスカラ使いには慣れてませんしね。慣れてないなら誰が使ってもうまくいく難易度低いツールを使うほうが得策なわけで。


それからこのマスカラのさらなる利点は、カール力があること。ビューラーは使ったほうがベターですが、案外カールのキープ力があるので、パンダ目になりにくく、また、自然にまつげがカーブして仕上がりイイカンジです。さすが、下向きまつげの悩みを持った人が開発しただけあります♪

軽くてコンパクトなのも旅やエステに行くときに持つポーチ用として優れてます。機内に持ち込むにも便利ですね。


アラサーの「まつげ(命)」系の女の子たちには、物足りないよぅ(_´Д`)ノ~~ といわれがちですが、だからこそ、たしなみを求めるいいオトナ世代にはお薦めできる品。

モノには適材適所というルールがあり、これだけモノがあふれている昨今だからこそ、適材を選ぶ目が大事なのだと思います。


□ラッシュ パワー カーリング マスカラ 01
3500円+税
クリニーク ラボラトリーズ 03-5251-3541
[PR]
by tekumaku_w | 2009-03-23 16:03 | おすすめ美容

2月発売の美的で紹介していたフェイシャルですが、今週末で次の号に入れ替わりますので、読みのがした方のために、情報あげときますね。


b0286136_13115055.jpg

これはアメリカでマドンナやサラ ジェシカ パーカーやクリスティン・デイビス(シャーロット役の女優さん)がハマって、撮影前には必ず受けるというフェイシャル。


ナノ化されたヒアルロン酸ベースの特殊美容液を、95%の高濃度酸素とともにふきつけるというO2(オーツー)イントラシューティカルというマシンを使うハイテク系フェイシャルです!


というわけで、まずはこのマシンありき、なわけですが、今回このマシンを日本に導入したカージュ・ラジャ エステティックサロンでは、マシン後にレチノール誘導体ジェルでのパックもつけてくれて、その相乗効果でぷるぷるのもちもち肌に仕上がるというわけです。


O2イントラシューティカルはスプレーですので、通常のフェイシャルではあまり積極的にいじらない、まぶたや、唇の上なども平気でシューシューかけていきます。

急速保湿ケアですので、シワがよってる場所にもピンポインとで。たとえば首筋、目尻、ほうれい線のエリア。また、唇の縦皺や口角などもていねいにスプレーしていきます。


私が受けてみたのは、昨年の年末ギリギリ(12月29日)だったんですが、直後に感じたのは、肌がしまって毛穴レスに感じたことと、やっぱりしっかり保湿されたぷるぷるモチモチ感です。この毛穴レスっぷりならセレブが撮影前に使いたいと思う気持ちもわかりますねー。たとえば、素肌を生かしたいから、すっぴんにベースカラーと粉だけでいきたいなんてときに、粉のノリがよくてカサカサした仕上がりにならないのが素敵です。


このトリートメントはカージュラジャのサロンにて導入されている「エイジレス モイスチャー」という施術。75分ビジターで¥30450です。

美的誌面には読者限定の特典が載ってたんですが、それは読んで頂いた方だけの特典ということでここには書けないんですが、特典の期限は4/22まで、京王プラザホテル店のみの特典ですので利用したい方はお急ぎ&お間違いないように)


京王プラザホテル店の連絡先は

03−3344−3351



入れ替わって発売になる美的最新号では、LA発のカラフルで楽しく美味しいマクロビをカフェ形式で提供する M Cafe de Chaya アークヒルズ アネックス店の紹介です。タイムリーにも、このお店、アークヒルズ裏手の山の桜並木沿いですので、お花見もできちゃいますよ♪ お花見シーズンは限定メニューになるので逆にご紹介している定番メニューが一部ないようですが、かわりにお花見弁当の展開などもあり。

肉、卵、乳製品、白砂糖、化学調味料を使わないヘルシー料理がどんなものか、ちょっとのぞいてみる価値はありますよ♪ テイクアウトできる、ホームメイドグラノーラ(オートミールに小麦、ナッツ、メイプルシロップを加えて香ばしく焼き上げたもの)はおやつにお薦め!
[PR]
by tekumaku_w | 2009-03-20 10:03