instagramやtwitterで日々流している美容情報を定期的にまとめアップすることにしました。リアルタイムで情報キャッチしたいかたはスマホでinstagramまたはtwitterのtwi_tkmkをフォローくださいませ ( 渡辺佳子 )


by tekumaku_w

<   2008年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

お伊勢参り 内宮の巻

話がとぎれとぎれになりますが、まだお伊勢さん完結してませんので続きます。

さて猿田彦から内宮まではにぎやかな食べ物やさん&おみやげやさんの立ち並ぶ道をぶらぶら歩いていきます。むろん赤福本店もあります。

折しも今日あたりからまた全国的に販売軒数が増えたみたいですが、当時はこの本店でしか買えないということで、赤福を求める人が殺到し、えっらい行列でした。しかも1人が5箱も10箱もまとめ買いしていくの。びーっくり。私はあんこが外側に出てるおはぎとか赤福とか、どうにも苦手なので、こんなに赤福食べたい人がいるっていう事実によけい驚きです。

それらを過ぎますと、五十鈴川にかけられた木造の宇治橋という橋があり、この108mの橋を渡って、神苑に入ります。橋の最初と最後には2つの鳥居がありますが、この鳥居は立て替えられた前の寝殿の柱をリサイクル利用しています。さすがはお伊勢さん。究極のエコ活動を密かにしているんですねー。

神苑には大正天皇がお植えになった松などもあり、その後、手を清める手水舎、一の鳥居を経ると、道の右手に景色が開け、川辺に出られるようになっています。ここが五十鈴川御手洗場(いすずがわ・みたらし)といって、参拝する前に心身を清める場所。清流で有名な川でリフレッシュしてからお参りしませうということ。

川の水はとてもきれいで、冷たかった。

参道に戻って歩くとニの鳥居があり、ご祈祷、お神楽を行う御殿がありますが、まずは正宮に参るためにそのまま直進です。四重の垣根に囲まれ、かやぶきの屋根には10本の鰹木(かつおぎ)がのせられ、4本の千木(ちぎ)の先端が水兵に切られるという作り。天照坐皇大御神(あまてらしますすめ おおみかみ)がおまつりされています。

ここにお参りして参道を少し戻ってから右に入った、別宮の荒祭宮(あらまつりみや)には、天照坐皇大御神の荒魂をお祀りしています。外宮と同じく、正宮では大きなことを、個人的なことはこちらの荒祭宮でお願いしませうということになってますので、そのように。

それから外宮にあった風の神がこちらにも祀られてます。荒祀宮を過ぎて神楽殿のお札お守りの授与所の前を通って、橋を渡ると、風日祈宮(かざひのみのみや)です。ふぅ。

このあたりまで来ますと相当歩いているのでかなり疲れが出ますが、まだまだ終わらない。お伊勢参りは体力勝負でもあるのです。急いで次、次、って回るわけじゃない。それぞれの場所ではのんびり時間を使ってお参りしてるんですけどね。それでもこのあたりに来ると、疲れがピークにさしかかる感じ。

なので次回はお伊勢さんを日帰りで回るんじゃなく、泊まり込みでもっとじっくり味わいたいなーと思ったのでした。

でもまだ終わってません。つづきます。この次もなかなかいい「気」を感じるお社なのです。
[PR]
by tekumaku_w | 2008-02-29 23:02 | 旅先から
1月末の日記でお知らせした新コスメブランド「キッカ」がいよいよ3月5日にデビューを迎えます。

コスメチャット春のファンデ大会(3月7日発売のクレア掲載)で話題となったため、(その話はこちらの日記で)その次の4月7日発売号で、そのクリエイターはこんな人です〜という紹介のページを作らせていただくことにしたのでした。

というわけで昨夜の大雨が嘘のようにあがった今日、キッカのオフィスに、ブランドデビュー前の取材やトレーニングなどで多忙の吉川さんを訪ねたのでした。



b0286136_12112040.jpg


東京タワーを背負って登場の吉川康雄氏


4/7発売クレア内特別インタビューでは主に、コスメチャットにて絶賛だったソリッドファンデーションと、それと全く同じ質感で作られたチーク、くすみやくまをカバーするための白いクリーム「レイオブライト」などの開発背景をうかがったり、コスメチャットメンバーから聞いてほしいといわれた「日本の20代30代女性のメイクをどう思うか?」などを次々に質問。ほかにもアーティストとしてのスタンスに関わる質問も。

吉川さんは終始にこやかにこたえてくださしましたが、いちばん印象に残った話をひと足先に公開しちゃいましょう。おそらくこの件に関してはクレアでは書くスペースがないと思うため。


コスメチャットメンバーにはグラフィックデザインを仕事にしている女子がいるんですが、彼女から「アーティストとして年々、感性が鈍ってくるような気がするんですが、吉川さんはそんな気持ちになりませんか?あるいは感性を保つために努力していることはありますか?」という質問。テクマクを読んでいる人の中にも同じ悩みや疑問を持っている人が少なくないのでは? かくいう私自身も(私はクリエイターではないけど)感性の鈍りをどう避けるのかは気になるところです


これに対して吉川さんは「年をとったら感性が鈍るかどうかはわからないけど、僕にとっては、一度した仕事をまた同じようにリピートすることが年をとることにつながると思うんだよね。僕は一度したことは絶対にもう一度はしたくない、いつもいつも自分のスタイルを壊したいと思ってやってる」と語り始めました。

「ほとんどの人たちって、たぶん、自分のスタイルっていうものを作ろうと思うから、自分スタイルに固執すると思うんだよ。でも、そうしているうちに、だんだん、固定化されたスタイルと時代との間にギャップが生まれてきてしまう。だから僕は自分のスタイルっていうものには全然こだわらないの。いやむしろ毎回壊そうとする。スタイルなんて壊そうと思ってもいやっていうほど自分的なものは残っちゃうんんだよ。それさえも壊そうとしたほうがいいんだけどね。そうやって二度と同じことはしないで常に変わっていれば、いいんじゃないかな。」


とても含蓄のあるいい答えをいただきました。Eちゃんどうかな?
[PR]
by tekumaku_w | 2008-02-27 21:02

猿田彦神社へ

外宮を出たわれわれはタクシーに乗って猿田彦神社へ。

b0286136_12112036.jpg


猿田彦の神様は進むべき道に迷ったときに訪れると、道をさし示してくれるという話を聞いたことがあります。もうほとんど内宮という場所にあり、ここでお参りした後は内宮まで歩きまーす。

ちなみにお伊勢さんの外宮、内宮にはおみくじがありません。猿田彦神社にはありました。

ここもほんわかしたのどかなお社であります。
[PR]
by tekumaku_w | 2008-02-26 23:02 | 旅先から
忘れてました。ちどりやの堀切さんの弟さんは、現役の宮川町の男衆さんを務めているんですが(舞妓さんの帯は女手では締められずきっちり締め上げるためには男手が必要。男衆とはその帯シメを始めとする着付けをする男性のことをいいます)最近、舞妓さん変身スタジオを始めていたのでした。

この弟さんはあの映画「舞妓Haaaan!!!」の着付け指導も担当!

彼の開いた舞妓着付け屋さんの特徴は、着物・小道具などを、本物の舞妓さんが使うものや実際着用されていたものとし、京都の花街独特の着物の風合い・品などをお客様に肌で感じてもらえるようにと考えられている点です。

つまり、観光用の着物やお飾りでの観光客レベル変身ではなく、ホンマもんのお道具と着物でプロフェッショナル舞妓さん芸妓さんそのもののいでたちに変身できること。

こだわりの詳細についてはこちらに詳しく書いてありますので参考にしてください。


おこしらえがどのように進むかはこちらでイメージつかめると思います。


私は先日、日本に初めて来たアジアの知り合いをここに託しましたところ、非常に楽しかったようで、変身した姿の写真をメールに添付で送って報告してくれました。海外のお友達と一緒に変身っていうのもいいと思います。生きた舞妓芸妓文化を伝えるためにも、ぜひ、毎日毎日ホンマもんの舞妓はんの帯をしめてはる人に話を聞きながら帯しめてもらってください。

お店のデータ
店名:花風 ka-fu
075−531−3990
9:00-19:00 水曜日休み 
要予約(1日に2組しかとらないため早め予約を)
プラン:舞妓変身(帯はもちろん本結び)+写真撮影+散策30分セット ¥19800など。詳細はHPをじっくり研究ください。
[PR]
by tekumaku_w | 2008-02-25 23:02 | 旅先から

お伊勢さん外宮へ

外宮は豊受大御神という五穀豊穣を司る神様をお祭りしています。しかし正宮では個人的なお願いをするより、ニッポンという国のことを大きな気持ちでお祈りしなさいと参考書にあるではないですか! 大きな神様には大きなことを祈るのですと。へーっ、初めて知りました。おりしも、株価下落、食生活の不安などニッポンを取り巻く状況は厳しい。いまがお祈りドキ!ということで熱心にお祈りしてみました。

そのぶん、個人的なことは別宮の多賀宮(たがのみや)にお願いするのです。ここは実は豊受大御神の魂(正しくは荒御魂あらみたあま)がおまつりされているのですって。正宮からは石段をのぼってお参りするんですが木々に囲まれめちゃくちゃいい香りです。すがすがしい気持ちになります。さっそくここで個人的なことをお参り。

個人的なことといっても、望ましいのは、まず自己紹介をしたら、日頃の感謝をすること。なにをしてください、これをお願いしますと、お願いばかりしていても、どこに住む誰のためにかなえるのかわからなかったら神様も困ります。そこでお参りの基本は自分の住まいと名前を知らせてそこから参りましたと挨拶する。これが大事なんですね。そしていつもお守り頂きありがとうございます、おかげさまで元気にやってこられました的な感謝を述べる。これだけで終わらせてもいいんです。もしもなにか強く願うことがあれば、これこれこいうことをお願いに参りました、とつけ加えておけばいいんだけど(ここまでの内容、もちろん無言のまま、低頭してひとりの世界で行います。ぶつぶつ言ったり大声を出したりしたら他の参拝の方に迷惑ですので慎んで。いわば自分と神様との密かな通信と思ってお祈りするのです。)


多賀宮に向かう石段にのぼる前の場所にも、2つの別宮=土宮と風宮があります。つちのみやとかぜのみや。

土宮の神様は「立場や役目を安定させる神様という解釈ができる」とのことで、飽きっぽい人、根性不足の人はぜひお参りしましょう、だそうです。

風宮は風のたよりの例のごとく「広めるとか流布するとかだから、流通、通信の神でもある」と。「神様からいい風をいただけるよう祈るとといいでしょう」とのことでした。

考えてみれば、通信にかかわる仕事をしていつつ、フリーランスの立場でもある私は風宮の助けも土宮の助けも必須、ということで2つともお参りしました。ふぅ。

(お伊勢さんシリーズ・つづく)
[PR]
by tekumaku_w | 2008-02-24 20:02 | 旅先から
昨日のキンカンタルト前の話です。

徒歩で、某編集部のM子様と打ち合わせ場所への移動中に見つけたヘルシースイーツがこちら

なにかといいますと、種子島の蜜芋を使ったパウンドケーキ。

b0286136_1241826.jpg



蜜芋というのは他のさつま芋と比べ、糖度が2倍、丸ごと焼くと蜜がプツプツ吹き出てくるほどだそうなのです。「神様が種子島だけに与えた特別な恩恵」とまで絶賛されていました。

このスイーツは食育研究家である店主が「上白糖、グラニュー糖などの分密糖類は、血液を酸性にし、活性酸素をふやす」「体内酵素を消耗してしまう」というわけで、砂糖を使わないスイーツを作りたいと思っていたそうで、そこにこの蜜芋をつくる大山隆行さんという方との出会いがあって、店主にとっての夢のスイーツが生まれた

のだそうです。

・・といってもお店は販売のみでイートインができない。そこでM子様とともにパウンドケーキを買い求めてみましたところ、ほんとに美味しい! 変な甘さ皆無! ざっくりした重めの粉感ですが、午後のおやつにちょうどいいカンジです。昨今、健康的な食生活を心がけていたら、人工的な香料や甘すぎて甘さがいつまでも口の中に残る菓子類を食べると気分が悪くなるようになってしまい、何かいいおやつないかなーと探していたのでこれはナイス!


ほかにこの蜜芋と健康卵、こだわりのハーレー牧場の牛乳を用いた蜜芋プディングも買ってみました。こちらはカラメルのかわりに種子島産のさとうきび黒糖にレモンを加えたレモン黒蜜が下にしいてあるのですが、それがちょーっと私には甘過ぎ。せっかくプディングはおいしのにもったいないです。プディングだけで十分の甘さがあるので、レモン黒蜜は別容器にして添えて各自が必要量をかける方式にしてもらえたらいいなぁと思いました。あまーいのが好きな人にはちょうどいいのかな? 


12月にオープンしたばかりだそうです。ときどき通る道なんですけどいつも夜に通っていたから気づかなかったのか。ともあれ通り過ぎてから「いま、気になる店がっ」と戻ったM子様に感謝感謝。みなさまもヘルシーマニアのお友達へのおみやげにいいですよ。

パウンドケーキがなくなたらもう一度買いに行こうと思うので、そのときにレモン黒蜜別添え希望は伝えてみようと思います。


お店のデータ
店名:夢のまた夢
03-5771-7077

場所は六本木ヒルズから旧テレビ朝日通り沿い、中国大使館に向かって道の左を歩いてampmのすぐ近く。小さな間口なので見逃さないように。のれんが出ています。
[PR]
by tekumaku_w | 2008-02-23 15:02

お伊勢事情

昨日は下に書いてあるGHのキンカンタルトにあたるまでに、すでにもう1つ素敵なヘルシーデザートを某編集部M子様とともに発見していたのですが、そのデザートはまだ写真撮れてないので、また追って。

で、お伊勢さんです。

今回私は2度目なのですが、1度目に行ったのはたぶん3〜4年前。そのときと今回では全く印象が違いました。最初は何が何だかわからないままに「月読宮は気がいいらしい」とか「外宮から回って内宮に行くといいらしい」とか断片的な情報を得ていったものの、土地勘もなく、なぜそうなのか、理解もしてなくて、ともかく回ることで精一杯って感じだったからかも。

この間にいろんな神社でのご祈祷などもさらに積み重ね、神社めぐりのいい参考書も手に入れ、満を持してのお伊勢さん再訪、って感じだったのでそれがよかったかもしれない。いろんな意味で感じるところの多かったお伊勢参りとなりました。

さてまず、お伊勢さんにこれから行くという方のために、お伊勢さん基本情報! なんと23日発売になったVOCE最新号ではモデルの絵馬ちゃんがお伊勢さんとその周辺を旅したページがありまして、そこにも私の知らないお伊勢さん情報が。ほんとにお伊勢さんすべてを網羅するのは大変なんですよね。広いしいろんなお社があるから。

私が参考にしているのはワニブックスの「開運!神社めぐり」という本。イラストと会話で成り立ってるので読みやすいしわかりやすいの。名古屋からお伊勢さんに向かう車中では同行者にも貸して読ませてみんなで予習万全で到着

さて、これによりますと、まず外宮に参ってから内宮へ行く、その意味は・・・

外宮は豊受大御神(とようけの・おおみかみ)がまつられています。豊受大御神とは五穀豊穣つまり土地の恵みをつかさどる神様。これに大して内宮は天照坐皇大御神(あまてらしますすめ・おおみかみ)太陽の神様をまつっています。だからまず外宮で大地のパワーをさずかってから行くと、太陽=天のパワーがその上にふりそそがれるという形になって理想的なんだそうです。またこれは天地という陰陽、両方をバランスとることにもなる、と。すばらしいでしょ?

というわけで納得して外宮へ向かいます。外宮に行くためには名古屋から近鉄特急で伊勢市駅下車。駅前をまっすぐとことこ歩いていくと自然に着きます(別に走らなくてもいいんだけど)。だいたい名古屋を10時ごろの電車で出ると昼どきに到着。駅前から外宮に向かう商店街のどこかで名物のうどんを食べるコトになりますのね。真っ黒なたまりづけの汁なしうどん。美味しいとか美味しくないとかそういう問題は別としてお伊勢参りにはつきものってかんじかな。

(つづく)
[PR]
by tekumaku_w | 2008-02-23 00:02 | 旅先から

キンカンのタルト

b0286136_12412111.jpg
打ち合せで六本木のグランドハイアット1Fカフェ、フィオレンティーナに行ったら、珍しいキンカンのタルトがありました。キンカンの歯応えと甘すぎないパイ生地のバランスがよく、ちょうどいいおやつでした。
[PR]
by tekumaku_w | 2008-02-22 17:02 | eating

お伊勢さんは遷宮準備中

さて、お約束のお伊勢さん報告。

お伊勢さんとは天照大御神をまつる内宮を中心に125のお社がそこかしこにある集合体なのです。そのお伊勢さんが20年に1度、宮どころ(お宮のたつ敷地)を改め、社殿をはじめ一切を一新することを式年遷宮というのですが、その20年に1度のお祭りを5年後にひかえ、すでに社殿をうつす土地がこのように囲われ、準備が着々とされている感じでした。

b0286136_12112367.jpg


すでに3年前から準備は少しずつ行われ、社殿を作るのに必要な木を切り出すため山の神に安全を祈ることから、切り出し、その切り出した木(御用材)に斧を入れて安全を祈る儀式、御用材をお宮に引き入れる行事などがすんでおり、今年は4月に鎮地祭(ちんちさい=一般の地鎮祭)が行われることになっています。

お祭りのクライマックスはもちろん5年後の平成25年ですが、来年以降も少しずついろいろな行事が予定されています。ちなみに来年は内宮に向かう宇治橋が新しくされ渡り始めの式典があるそう。


最初にも書きましたがお伊勢さ天照大御神を祭るのが内宮でもちろんいちばん大事なのだけど、お参りという意味では内宮だけ行けばいいんじゃないのよ。

写真はとようけの大御神という五穀豊穣をつかさどる神をまつっている外宮が遷宮される予定の土地。いまのお社の隣りにあります。
[PR]
by tekumaku_w | 2008-02-21 11:02 | 旅先から
お伊勢さん話に突入する前に1つ身近な話題。

先日「美的」連載の取材のために、日比谷の帝国ホテルと東京宝塚劇場にはさまれた場所、日比谷シャンテの隣りに昨年11月にできた、新ホテル「レム日比谷」に泊まって撮影もしてきたんですが、このホテルご存じでしたか?

ここはレム睡眠ノンレム睡眠のレムが名前についているだけあって、快適な睡眠にこだわった工夫がバリバリにされているホテルです。シングルがほとんどで15平米くらいしかなく、サービス料をとらないだけあって、ミニバーなし(でも冷蔵庫はある)バスタブなし(でもシャワーはおおきなレインシャワーがついてる)のシンプルさなんですが、ひとたび部屋に入るやその「狭いながらも楽しい我が家」的なほっこり感にすっかりくつろいでしまいます。

快眠を誘う工夫あれこれにカンしてはHPや次号の美的を見ていただくとして、ここでは2Fに入ってるCafe&Meal MUJI日比谷店を紹介しときます。窓ガラスが広く自然光がばっちり入る明るい店内。ひときわ目立つシャンデリアは、なーんと
b0286136_12411043.jpg


MUJIで取り扱っている調味料のボトルで作られてるんですよ。これは激しく感心! ボトルでシャンデリアってできるものなんですねぇ。

ここはホテル利用客の朝食をお世話するだけでなくランチやディナーの選べるデリセットがあったり、15時からはヘルシーなデザートがたくさん並んだりして6時半から22時までノンストップで営業してるのがいいところ。2Fにあるので見過ごしてる方もいるかもですが、シアタークリエのビルの前で見上げてみてください。そこにあるから。

先日レム日比谷に泊まってみたときは、激しく忙しい1日でチェックインできたのが18時過ぎ。そのあと19時半までやってる発表会にまたでかけなきゃならんのだけど、腹へりすぎーってときに駆け込んで夜ごはん食べたりしました。メニューからなんとか野菜オンリーの選択もできるしなかなか便利。

注目のデザートは、野菜のシフォンとかほうじ茶プリンとか豆乳プリン名ショウガ風味の黒豆寄せ添えとかが350〜500円くらいで食べられます。覚えておいて損のない店だと思いますよー。

店データ
有楽町1−2−1東宝シアタークリエ2F
03−5501−1510
6:30−22:00(食事ラストオーダー21:30)

レム日比谷はレディースプラン1or2を利用するといろんなおまけがついてきて1泊シングル17000円。東京に1晩だけ遊びに来るなんてとき、あの立地でこの値段はかなりイケてると思いますので利用してみてね。ぐっすり眠れるし。レム日比谷のレセプションカウンターでは2月29日まで有効のCafe&Meal MUJI日比谷のドリンク30%オフ券がもらえたのでしっかり使いましたー。30%オフって結構大きいわ。
[PR]
by tekumaku_w | 2008-02-19 20:02 | eating