instagramやtwitterで日々流している美容情報を定期的にまとめアップすることにしました。リアルタイムで情報キャッチしたいかたはスマホでinstagramまたはtwitterのtwi_tkmkをフォローくださいませ ( 渡辺佳子 )


by tekumaku_w

<   2007年 03月 ( 42 )   > この月の画像一覧

祝・皆勤

ふー 「なるべく毎日運動」も携帯からアップできるようになったのと、今月は書き物が多くてパソ前にいることが多かったので全日達成いたしました(^O^)/ パチパチパチとひとり拍手・・ っていうかやればできるものですね。 ところで明日から休憩の二泊三日旅に出ますのでちょうど四月の訪れとともにしばし途切れますのでご了解ください。週末はお花見ですねー 今朝見た桜が午後の風でかなり散り始めていました。今年の桜は例年以上にはかないようです。
[PR]
by tekumaku_w | 2007-03-31 01:03

ミッドタウン続報

b0286136_12113425.jpg


今日は11時半ごろと14時半〜16時ごろと2回ミッドタウンを通ったんですが、いやーまるで風景が違う。なにが違うかというと、午後はものすごい人出で風景が違っちゃったんですよ。11時オープンで11時半頃だからスーパーもデリのコーナーもさほど人がいなかった。並んでたのは平田牧場のとんかつに数人って程度だったのに、午後は芋洗い状態です。地下はどこもかしこも列です。

でもこの地下、高級デパ地下みたいでおもしろいです。デリもいろいろ充実。お弁当やさんやおにぎりやさんもあって、それぞれちょこちょこと席数少ないけどイートインのコーナーがついてて、食べる遊園地状態です。

レストランもちょこちょこのぞいてみたら、NYのセントラルパークを見下ろす場所にあった高級インド料理のニルヴァーナが日本に復活!で話題のニルヴァーナのインテリアがかわいかった。ピッツアのナプレもテラスがあるみたいで桜が見えていいかんじ。すべて午後にはランチの後の休憩時間で中には入れませんでしたけど、近々行ってみたいと思います。この2店は1Fにあり。

1Fから入る人も地下に降りてみてね。地下は相当たのしい。ちょっと通路のほうに出ますとツタヤの本屋さんもあるし、小さいけどいけてる文具を集めたショップもあります。そちら側にもいろいろ飲食が並んでいて、ここは食いしん坊万歳なタウンなんですね。

中庭のほうには、ツタヤの音楽関係の店やスタバのテラスもあります。某所と違ってとてもわかりやすく、各店に入りやすくできているので、1度か2度いけばだいたいどこになにがあるか覚えられます。そして建物の造りがしっかりしてるので高級感があります。

写真はナプレやニルヴァーナの前にある吹き抜けです。気持ちいいですよ。

土日はものすごい人出でたぶん初詣状態になるんではないでしょうか。いらっしゃる気持ちがある方はぜひオープン時間11時をめざして、ランチは結構すでに予約で人気なのでレストラン系にいらっしゃりたければ予約が無難。イートイン系は早めに並ぶほうがいいと思います。お茶どころはさきほど15時半すぎにはどこもずらーっと並んでいました。見たところ行列大賞は相変わらず平田牧場でしたけどね。みんなそんなにトンカツが好きなんだわね。私も好きですけど。
[PR]
by tekumaku_w | 2007-03-30 16:03 | 美容界だより

もう満開

b0286136_12114068.jpg
春本番ですね(^O^)/今週末がお花見ピークかも
[PR]
by tekumaku_w | 2007-03-30 12:03

リファイナリーに注目

もう明日ミッドタウン開くんですねえ。なので先日ご紹介したEXCELの電話番号入れておきます 03−5413−7236です。営業は11時からなんと夜の11時まで

ペディキュアには、いままでのEXCELのmenuに加えて、ホットストーンマッサージのつくホットストーンペディキュアとポールシェリーのマッサージとバンデージを加えたポールシェリーペディキュアが仲間入り。これら2つはそれぞれ120分。ホットストーンが17850、ポールシェリーが15750。

通常のペディキュアはスパペディキュア 90分 10500、レギュラーペディキュア 75分 8930、クイックペディキュア 45分 6300。


さて、ダッシュでお知らせするのは、メンズグルーミングサロンのザ・リファイナリー・ロンドン。イギリスで若いオーナーが展開しているグルーミングサロンで、ロンドンには3軒。そこが日本初上陸です。モダンな英国式のグルーミングを紹介しようということで、ヘアカットもあればシェービングもあり、ひげのトリミングも。ヘアカットとマニキュアつきのコースも、フェイシャルも、ボディマッサージもある、つまりは男子御用達のデイスパ。

100坪の中にトリートメントルーム7室、バーバー(床屋)イスが5つ。このイスが真っ赤でモダンシンプルな店内に映えてるんです。入り口はまるで宇宙基地に入るような厚いステンの自動扉なんですけどね。ここもエクセルさんと同じ方向に向いているので、リラクセーションルームは乃木坂側に向かって開けています。

こちらも11時から夜11時まで。勤め帰りの男子諸氏もだいじょうぶですね。女子としてはデート前にここに送り込んで自分は隣りのサロンでハマムやらペディキュアやらしてもらって、お互い同じころに仕上がってカフェで待ち合わせ・・・というように使えるといいですよね。普段あまりグルーミングに行かないBFを、一度本場ロンドンのグルーミングであか抜けさせちゃうのはどうですかしらね。


ここのオーナーが内覧会に来日してたのでお話をうかがいましたが、彼自身金融関係の仕事をしていてグルーミングとは縁遠い生活だったのが、ある日、ロンドン郊外でスパというものを初体験したら「なんて気持ちがいいんだー」と感動。しかしロンドンに戻りスパに行こうと思っても、女子チックなスパしかない。オトコにはオトコのスパがあってよかろう、と思ってこのサロンを開いたんだそうです。ですから男子・・というより紳士が紳士たるために必要なトリートメントやケアが紳士の目からセレクトされてサービスされているというわけ。これから男性誌にもいろいろ掲載されていくと思いますが、どうぞ彼に教えてあげてくださいね。こちらの電話は03−5413−7207。明日オープンです。
[PR]
by tekumaku_w | 2007-03-29 20:03
昨日アップしたエクセルのサロンはシュウウエムラ氏がプロデュースした広い広いスペースの中の1つのサロンなんです。それでそのほかにここにはどんなサロンがあるかというと、主なものはロンドンから初上陸のメンズグルーミングサロンの「リファイナリー」、シュウウエムラ氏の直営のレディースエステティックサロン「ヴォートルイストワール」の2つ。

リファイナリーに関してはまた後で入れますが、ヴォートルイストワールの目玉はモロッコハマム。ハマムは世界的にスパではやってるって以前から書いてると思いますが、ここはハマムを作ったのみならず、なんとシュウウエムラ氏がお知り合いのチェコ人のガラス作家というアーティストに内装を依頼しちゃったものだから、なんだかすごい大作になっちゃってます。壁面がガラス細工なんですよ。しかもなにやら色とりどりの小花もようみたいな可愛い模様なの。ハマムというと無彩色の、よくてキラキラ系タイルくらいしかデザインが思い浮かばないのは、みんな同じタイルやさんから同じ材料を入れてるからなのね。

さすがアーティスト、全く固定観念をくつがえすハマムを作ってくれましたって感じですばらしいです。早くあのハマムに入ってみたいです。カラダを洗い流したり座席を洗うためにキープされるお水をたたえる容器がこれまたティアラがついてるみたいな可愛いデザインでした。写真とったのだけどその可愛らしさが全然伝わらない画像だったので、また近いうちに行って撮ってきます。

明日はこのハマム情報第二弾を!
[PR]
by tekumaku_w | 2007-03-29 01:03
b0286136_1241381.jpg
この写真はミッドタウン シュウサンクチュアリ内にできるEXCELのペディキュアブースでした。目の前にはテラス、その向こうには整備された公園の緑が広がります。六本木とは思えない広々としたぜいたくな空間と眺め! 食事や買い物の合間に友人と並んでおしゃべりしながら楽しくネイルができそう。またちょっとしたフィンガーフードならカフェからデリバリーが可能ですし、ランチタイム休憩を利用したクイックネイルのメニューもあります。
[PR]
by tekumaku_w | 2007-03-28 11:03

ビオリーブス

b0286136_12114514.jpg
これが昨日買ってきた食器洗剤ビオリーブス 250ML 1260円 さっそく今日つかってみましたが無駄にぶくぶく活性剤の泡はたたないし手指の肌が乾燥せずでやっぱり好感度大!
[PR]
by tekumaku_w | 2007-03-27 15:03 | 美容界だより

ミッドタウン第一報

元・防衛庁跡地プロジェクトの東京ミッドタウンプレス内覧会に行って来ました。といってもほんの一部しか回れていませんが。

今日のぞいたのはがレリアと呼ばれる商業施設のほんの少し。がレリアゲートというところが入り口でそこは大江戸線の駅と新美術館から来る信号との中間くらいのところにあたるんだけれども、そこから入るとすぐどーんとエスカレーターがあるので、2Fまでのぼってくるりと右をみたら、渡辺サブロオさんのワトゥサのお店でサブロオさんがいらっしゃいました。お店の入り口にはゴクミからのお花が。さすがー。

そこからまた1フロア上にのぼるとすぐ目立つのが、Idea Digital Code(イデアデジタルコード)。インテリア家電の店なんですが、国内外のすぐれたインテリア家電をセレクト。照明、家電、ステーショナリーまで。おもしろかったのは床をごろごろころがりながた音楽をかなでているmiuro(ミュージックロボット)。その他、波動スピーカーとかアンプ内蔵型スピーカーとかワタシももっているバカ売れの加湿器とか。25坪というさほど広くない店内ですけれどじっくり見たらずいぶん時間がかかりそう。

実はこのお店がめざす店ではなく、ここの本体の会社がイタリアの有機栽培農法グループとともに作っているオーガニックスキンケア「アグロナチュラ」のお店を探していたのです。そしたらコスメのショップは、いまさっきいた2Fだというので、また下へ。

ありました、ありました。とても素朴でかわいいカントリー調のお店。アグロナチュラはヘアケア&ボディケアですでに有名ですけれども、ここでは、ここのみで販売するスキンケアが中心。これは有機ダマスクローズ芳香蒸留水をベースとした49種類の植物成分のみを使ったラインで完全でメター認定。アルコールもグリセリンも水素天下レシチンも全く含まない、リアルオーガニック ノー添加物のスキンケアです。

スキンケアもいいんだけど、私はいままで存在を知らなかったハーブハーブやワインビネガーやキウイ、レモンなどを成分とするビオリーブスという食器用洗剤が気になって買ってしまいました。よさそう! スキンケアはお菓子の小箱みたいなボックスに入ったスターターセットも用意されています。スキンケア好きには見逃せないお店ですよー。

といったところで今日はもう時間がないーーまた明日続きを書きます。でもミットタウンは建物の造りそのものがしっかりしていて通路も広いし、混み合ってはいてもさほど窮屈感がないのが気に入りました。中にいても天井高いし圧迫感まるでなし。三井のプロジェクトということで、六本木ではなくなんだか丸の内にいるみたいな気分になりました。今日はのぞけませんでしたが24時間営業のスーパーの品揃えもたのしみなのですー。
[PR]
by tekumaku_w | 2007-03-26 23:03 | 美容界だより
まぁーフジのフィギュア中継には変なポエムを必要ないところではさむアナウンサーとか、まともな質問をしないリポーターとかいろいろ不満もありますが。

わたしがいちばんむかついたのはキミー・マイズナーがこれからフリー滑り出すというシーンとした場面で「キミー・マイズナー、君の本当の名はキンバリー・マイズナー」とはさんだ迷惑作、そんなの演技中にいちばん邪魔にならないところとか得点出る前のすきまに「彼女の本名はキンバリーだそうです」とさらっといえばいいだろーに。なんでそこで君の名はって劇画チックに入れなきゃならないんだか! 高橋大輔選手がこれからストレートラインステップに入るところでも「さぁかけぬけろ」みたいな余計なひとこと入れてましたけども、関係者はフィギュアのアナウンスは、ああいうのでイイと思ってるんでしょうかしらん。八木沼さんと荒川さんの解説が的確で素早くて的を射ていただけにアナウンサーだけ浮いてる感がさらに強かった。

・・・とまぁいろんな苦情はありますけれども、エキシビションを日曜ゴールデン7時から10時前までぶち抜きで、ほとんどすべての上位選手の演技を録画であれ放送してくれたのは快挙だと思いました。

それから大会が終わったあとの楽しみはユーチューブで見逃した演技や、見た演技でも海外の解説者がどんな解説してくれるのかを復習することですね。ユーチューブ万歳! 私は仕事が佳境に入っていて見逃したランビエールのフラメンコをみたところですが、ユーロスポーツの解説者は「マスターピース(傑作)!」とか「これぞランビエール」とか絶賛しまくりでした。探したい場合にはStephane Lambiel と入れて次にWorld Skate Championship Tokyo とか入れるといくつか検索できますよ 他の選手の場合も名前をかえて検索すればたいがいヒットします。私はこれから高橋大輔選手と安藤選手のフリーの動画を探すつもり。

さて、先日お伝えしたシモーヌさんのジャムの続報。

実はですねー。ここのジャムのには、ほかにはないと思われる最高傑作の味があるんです。それは「6種の赤いフルーツジャム シャンパン入り」 そうなのです。シャンパン入り!  いぇーい!!

6つの赤いフルーツというのは、ラズベリー、ブルーベリー、カシス、ブラックベリー、グースベリー、野いちごの6つ。もうフタをあけるとザクザク実のまんまたっぷり入っています。そして奥から感じるシャンパンのほのかなシュワシュワ感。ほんとにぜいたくです。たまりません。

ところがこちらのジャムは店には入っていないんです。たぶん入荷数が少ないからだと思いますが。じゃーどうすればいいかといいますと、輸入元に直接問い合わせです。数少ないとおもいますけれども、欲しいかたは、このブログを見たといって問い合わせて取り寄せてみてください。とくにシャンパンとベリー類が好きな方にはたまらないと思います。


先日書きましたシブヤ西武で売っているその他のジャムについても、こちらで問い合わせ可能です。ジャムのほかに昔ながらのマスタードや、シャンパントリュフ入りマスタード、オリーブ・タイム・ガーリック入りマスタードなど通好みのマスタードも取り扱っています。

シモーヌ・ジャムとマスタードの問い合わせ先:
TYH CO.Ltd 045-226-0216

*深夜早朝は避けて通常の会社営業時間内にお願いします
[PR]
by tekumaku_w | 2007-03-25 22:03 | eating

女王決定!

いやーやはりキムヨナさん、後半で失敗しましたね。しかも2回ジャンプで転ぶとは、かなりの番狂わせでした。荒川さんもいってましたが彼女が1つの演技で2ヶ所もミスするなんて本当に珍しいです。これが世界選手権の緊張というものでしょうか。

真央ちゃんはそれにひきかえミスはちょこちょこ見えたものの無難にまとめましたね。しかしあれだけ高得点がでる滑りとは思わなかったけど。トリプルアクセルの成功と最後の連続ジャンプ成功で得点がはねあがるんでしょうか。なんだか途中で音楽とズレちゃってなにもしないで待ったところとかもあって全体的に気がせいてた感じの滑りに見えましたけど。でも、ショートの失敗で5位スタートからあそこまでの逆転を、16歳の女の子が、しかもまわりからあれだけ騒がれて期待されてる中でやりおおせたのは、なかなか常人ではできないことですよね。心配してた顔の輪郭も、本番にはシメて間に合わせてきたあたりも、さすがはアスリート真央ちゃん。

個人的には本番中のガッツポーズはあんまり好きじゃないんですが、伊藤みどりさんと真央ちゃんは、おさえられなくて思わず出ちゃった、っていう本人の、実は熱くて勝ち気な性格が垣間見えてほほえましいです。

そして最後に大トリで有終の美をしめくくった安藤美姫選手、あのスルツカヤでさえトリノの最終滑走プレッシャーでジャンプ決まらなかったというのに、ジャンプ全く危なげなく、ふりつけもすべて平常心で淡々とプログラムと演技に集中してるように見えました。1ヶ所足あげてるバランスでよろっときて「およよ〜」っと思ったんですが、なんとかこらえて最後まで持っていきましたね。最後のビールマンスピンは肩の故障の影響で頭の上まで持っていかず肩下でこなしてました。私も最近右肩がよくすっぽ抜けるので腕が肩より上に上がらない痛さはわかるつもり。あの体勢がいちばん痛いんですよ。

今日のワインカラーの衣装は背中がばっくりあいてとても大人っぽくてよかったです。似合ってました。しかし見ましたか?今日の安藤美姫選手はなぜかマスカラが超うすい。メイクも超うすい。最初は「なんだかミキティ緊張しまくって表情がないのか」って思ったんですが、終わってキス&クライのところで顔がアップになるとビックリ。あれだけマスカラ(命)で塗って重ねてまた塗って・・みたいだったマスカラ、塗ってはいるんでしょうけどほぼ目立たないナチュラル仕上げ。

以前はギャルズの気合い化粧で優勝をもぎとった美姫ちゃんですが、今回は本当の実力でとった。化粧なんかしてるばーいじゃないわよ、あたし優勝もらうのよ、ってホントの本気のミキティに変身したんだなって、感慨深かったです。わたしは今日の、メンタル充実してるから化粧の力借りなくても輝いてて、顔やボディのエッジが立って、キリリとしたミキティのほうが好きです。

会場人気はやっぱり愛らしい真央ちゃんびいきに思えましたけど、今回の滑りはやっぱりミキティの風格勝ち。ショートの点数リードがあっての優勝に見えるけど、スケーターとしての格が違う気がした。技のキメもしっかりしてるし、ともかくひとつひとつの滑りや振り付けやジャンプやスピンを大事に大事にすべってる姿が非常にスケートファンの胸を打ちました。今日の演技の結果、女王の座は文句なくミキティの頭上に輝いて正解。1人の若い女の子の成長をこうしてリアルタイムで1年間見ることができて、観客としてこんなに嬉しいことはありません。美姫ちゃん、ありがとうといいたいです。

そして世界選手権的にいいますと、金銀銅をすべてアジア人が独占したのはもちろん初めて。アジア人なんて6位に入れば大拍手。表彰台なんて夢のまた夢という時代が長かっただけにこちらも感慨深い今夜の結果でした。これからは美姫ちゃんを筆頭に真央ちゃんとキムヨナさんをまじえたアジア内での戦いに、どれだけアメリカチャンピオン、ヨーロッパチャンピオンが食い込んでこれるかという時代になりそうです。

あ、そういえば、表彰台の常連ロシア選手はどうしたんでしょう。最終滑走にもいなかったし、トリノ以降新人が出てこないんでしょうか。ロシアのフィギュアの芸術ともいえる滑りとふりつけのファンなのでちょっと寂しく思いました。
[PR]
by tekumaku_w | 2007-03-24 23:03 | 美容界だより