instagramやtwitterで日々流している美容情報を定期的にまとめアップすることにしました。リアルタイムで情報キャッチしたいかたはスマホでinstagramまたはtwitterのtwi_tkmkをフォローくださいませ ( 渡辺佳子 )


by tekumaku_w

<   2006年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

大切なところだから連続でアプしときます。

カラダはつながってますから
肝臓が解毒できなくなったら
カラダに毒がまわることになる。

それで血液の汚れがひどくなる。
その血液を浄化するのが
腎臓だから
肝臓が疲労すると
今度は

腎臓に負担がかかる

わけです、

胃腸も疲れる、

それをカバーするために脾臓も腫れてくる。

つまり

ここまで肝臓がやられたら
腎臓 胃腸 脾臓といった関連部署も
すべて疲れてる


ちゅーことです。これは大変なことだ

と青くなった私は本気で養生しよう、と思うに至ったわけです。折りしも、京都の知人が心配して、レトルトのお粥やじゃこと一緒に送ってくれたのが、

「家庭でできる自然療法」という東城百合子さんという方の著作

でした。これは終戦時、重い結核となった著者が、独自の食事療法、自然の手当て方法で自ら結核を克服した体験を元に、病気に苦しむ人を助けようと書き記した本でした。昭和53年に初版が出て以来、何の宣伝もしていあにのに、愛読され版を重ねて昨年12月にはなんと第830版の発行となっています。すばらしい。

この本は一般の書店では扱われていないのですが、自然食品などを扱う店で手に入るようです。東京でしたらナチュラルハウスに在庫があります。見当たらない場合には東城さんが主宰していらっしゃるあなたと健康社に申し込めば手に入ります。

興味ある方は あなたと健康社まで 振り替えか現金書留で申し込めば手に入ります。 
157−0066 世田谷区成城2−35−13 
自然療法の本は税込み 1680円 +1冊送料300円となっています
03−3417−5051

この本によれば、肝臓は血糖の調整もすれば、血液循環の調節もする。ところがこの血液循環の調整がうまくゆかないと寝苦しかったり、心臓病になったりするのだそうです。、

腎臓は血液の浄化。たんぱく質をとりすぎると腎臓の負担となる。腎臓に入る血液は足からもどる血なので、足の血液の循環が悪いと腎臓の働きを悪くする。だから足を冷やしちゃーいかんのですね。

脾臓は胆汁と関係アリ。胆汁は殺菌力を持っているので、これが弱ると、腫れ物ができる。

胆汁に解かされた脂肪はリンパにおって吸収されるから、

脾臓が悪いと脂肪代謝が悪くなり、肥満したり、肩こり、腰痛、首がまわらない、カラダがかたいということになる。

いぼ、魚の目、こぶ、しこりなども脂肪代謝が悪いから。脾臓が悪いと甲状腺の働きにも異変


。。。。。

あーたいへん、こんなに心当たりが・・・とくに脾臓。腫れ物、肩こり、首、カラダかたい、魚の目・・・すべて脾臓だったのですね。脾臓のツボがこってるとはいつもいわれていたのですがそんなにひどいことになってるとは。

反省


ということで私の不調のそもそもの原因は肝腎かなめの肝臓腎臓と それに付随して脾臓 胃腸 ここらあたりの内臓の働きの低下によるものなのだ、と、この本のおかげで私は確信しました。

この本には、それぞれの器官をいたわるための手当て方法や食べるべきもの、食べないほうがよいもの、が解説されてます。なのでそれに従ってなるべく自分でゴハン作って食べ、薬でなく、養生して少しずつ治していこう!と思ったわけ。


ゴールデンウィークに入り、いつもより時間ができる人も多いと思います。もしもお家にいるようであれば、みなさんも肝腎かなめの肝臓腎臓 そして脾臓をいたわって体力回復させてあげてくださいね。私は完治にはもう少し時間がかかりそう。体調はもうほとんどいいのですが、まだ首の腫れが治らないので、がんばって養生続けたいと思いますっ
[PR]
by tekumaku_w | 2006-04-28 22:04 | 美容界だより

眠れない理由

だいたいにおいて
風邪のひきはじめでも
おなか痛いんでも
吹き出物でも
熟睡できれば治っちゃう

・・と思うんですが
眠れないから治らない
しかしどうがんばっても
寝付けない
眠れたとしても1時間くらいで
すぐ起きちゃうことの繰り返し

というのはとっても辛いですよね

京都でハリしてもらい
さぁこれで熟睡すれば治る♪

と思ったもののこれが
部屋に戻ったら全く眠れない

結局ほぼ一睡もせず朝を迎え
このままでは仕方ないので
朝チェックアウトして
新幹線に乗り
昼には東京に戻ってきました。

そして横になるのですが
まだ眠れず。
ハリのおかげで高熱があるわけではなく
頭はクリアなんですよ
で 風邪の症状としては
鼻がズルズル 相変わらずくしゃみが
時々出るくらいで
いつもの熱でボーっとした感じはないので
なんか変だな
と思いながらも
眠れないから起きてて
それで夜になって
よーし今度こそ熟睡ダーと
思って寝入って
あーよく寝た!
と思って起きても単に1時間半後

そこからは1時間寝ちゃおきて白湯を飲み
1時間くらいぼーっとして
また1時間ねちゃ起きてぼーっとして
というのの繰り返し

今朝「ガイアの夜明け」の再放送でも
睡眠障害の話が出てきてましたが
夜に眠れないちゅーのはホントに辛いものです

そしてここからが大事なんですが

眠れない理由の大きな原因は肝臓にある

という真実


知ってました?肝臓がアガっちゃってると寝付けない 眠れない

アガっちゃってるというのはコーフンしてるということです。肝臓がコーフン!?っていう言い方だとピンと来ないかもしれないけど、肝臓がヒートアップしてるってこと。肝臓って解毒の臓器でしょ。解毒が大変でアップアップしてる、あるいはもう解毒でききれなくてパンクしてるちゅーことですよ。

これでも実感わかない場合には具体的にいいますと


肝臓の苦手なものは油っぽいものと甘いもの



ガーン

ここで初めて私には今回の病が相当悪いちゅことがよくわかりました。なぜならば、私は小さいころから甘いもので生きてるくらい甘いもの中心の食生活。さらに「明日死ぬならトンカツ食べて死ぬ〜」と宣言してるほど揚げ物やこってりしたものが好き・・・な人生を送ってきたからです。

ここ何年かは筋トレ始めたりで低カロリーの食事を心がけてはいるものの、やっぱり甘いものは切れない。しかも年末から今年春にかけて、香港、ソウル、また香港と、アジア番長しててこってり系の料理と、まぁ料理は加減してたとしても、黄身まんじゅうとか、タピオカとか、ケーキとかのスイーツ攻撃が続いていたかも。さらに料理関係の仕事してる友達から、カタログの撮影で余ったお菓子あげるーといわれて喜んで日々、朝メシ代わりにマドレーヌ食べたりしてたかも。

タラーリ

これは風邪を治すというよりも肝臓を治さないと腫れ物も体調も治らないに違いない

とようやくコトの本質に気づいたというわけであります

がっ

まだそれだけではコトの本質には至っていなかったのです


*眠れない方はぜひ早めに肝臓をいたわってあげてください。なに、いたわり方がわからない? それは今後の養生日記でボチボチアップしていきますって

(つづく)
[PR]
by tekumaku_w | 2006-04-28 10:04 | 美容界だより

ついに発熱

新幹線で爆睡してやるーーー

と思ったのにまたなかなか眠れないわけです。でも気づいたら首を前にカクーんと落っことして新横浜から名古屋の間のながーい駅間のちょこっとの時間クーっと寝ていたらしく、気づいたら名古屋。でもですね、首を前に落っことしていたせいか、血が頭にのぼっちゃってなんだかのぼせてるんです。いよいよ発熱かーー

しかし京都に着いてしまったし歩けないこともないので、まずはハイアットリージェンシーにチェックインし、荷物を置いてランチに。そして以前アプしたように、桜を見たり錦市場を歩いたりレトロな喫茶店に行ったりと風流な活動をして

ハイアットに戻り、夕食はハイアット内の和食ダイニングで、スパの方々と一緒に。ハイアットのスパは後日スパコーナーにアップしますが、ちどりやさんの製品を使った日本らしいトリートメントとハリがウリなのです。食後にスパも体験ということになっていたのですがこの時点でふつふつと熱がUP 

これは裸になってスパをうけるのは無理

ちゅーことになって、これは、ハリの先生に見てもらって悪化しないうちに治すしかない!と一縷の望みを託してハリ治療を受けることに。

このハリの先生はなかなか腕がよいらしく、トム・ハンクスもハンクス妻も、最初はマッサージがいいといっていたのに、ハリの話を聞いて、おそるおそる受けてみたところ、めちゃくちゃ気に入ってブラボー状態だったとの話に期待がふくらむ・・・というか、もはやそんな余裕もなく、早く先生ラクにしてください状態でトレーナー上下に着替えて部屋に入る。

まずはカウンセリング。先生は顔を見るなり ここがよくないでしょう あそこも と占いのようにどんどん症状を言い当てる。う ほんとにデキるかも そして脈を取り「食事はしてますよね」と変なことを聞く。「はい いま食べたばかりで・・・」

うーん 全く消化してる音がしない

と先生。

は!?

仰向けになると脈をとりながらハリ治療が始まった。

ところでみなさんはハリどうですか?意外にもハリ怖いーーとかいう人が多いんで驚きですがハリったって傷つけるために刺すわけじゃないから、痛くもないし、ほとんどなにも感じないというのがやられてる間の感覚。ただツボにはまってその部分がいままで血流が悪かった場合にはハリによって急にどーっと血が流れる場合があり、そのときはそれ相応の「キターーー」という実感があるだけです。カラダの奥にズドンと響くという感じですかね。でも上手な先生に打たれる場合にはそれも心地よい感じです。もしハリで嫌な思いをしたというのであればそれは先生が上手くないってことだと思う。上手い先生ならハリを刺してるのか刺してないのか、なにも感じないくらいなんですよ。

さてさて、仰向けにいろいろ刺されてるらしいけど、どこに何本どんなふうに刺されてるかわからない。しかし先生が「これは相当悪い状態ですよ」というのです「何が悪いんでしょうか」と聞くと

「肝臓が」

と。そして15分このまま置きます・・といって先生は退室。実は一緒に視察にでかけた知り合いも別室で同じタイミングでハリを受けているのだ。15分置かれてるうちに、少しずつ、鼻づまりがとれてくるので一所懸命鼻をすすって、鼻づまりのとれっぷりを観察する私。

しばらくすると先生が戻ってきて今度はうつぶせになり背中の治療に入る。背中の肩甲骨付近にどうやら打ってるみたいだ。またまた打ってから15分置きますといって先生退室。

驚いたのはこのうつぶせ15分の間にどんどんカラダがあったまってきたこと。いや、熱は出てても、手足が冷え切っていたのです。つまりは外に熱が出れば治るものの、内側にこもっちゃってるから、なかなか治らないといういつものパターンの熱の出方になってたんですけど、それが手足や腰のあたりがほかほかしてきて

、おー血がめぐっているー

という感じね。なんだか嬉しい。しかも汗までかいてきたいい兆候! 

先生は最後に木槌でキンコンコンとおなかまわりのダイアモンドゾーンを打つという不思議なことをして治療を終え

いまできることの70%は、やりました 礼


と。なんで100%じゃないかっていうと、もし100%やったらやりすぎて体力ないのに受け止められないってことだと思う。この体力落ちてる体にできることはここまでですってことでしょう。

でも私はそのときすでに風邪の80%は治ったと実感できるほどラクになっていたのです。汗もかけたし、これで今夜熟睡できれば明日朝にはきっと爽やかに目覚めらる・・・・・


と思ったのですが、そうは問屋がおろさなかった。ちゅーか、悪い肝臓はそんなことではまだまだ治りきらなかったのです

                     


でもこの先生、すっごい名医だと思いました。関西方面在住の方で健康面に悩みのある方はぜひ一度見てもらうといいと思います。ハイアットには水曜と日曜に先生が入るそうです。宿泊者でないと受けられないかもですが、先生は個人で治療院も持っているので、問い合わせてみる価値あり。トムハンクスもビックリの腕前ということで、私も関西に住んでいたら週イチで見てもらいたいくらいです。

(つづく)
[PR]
by tekumaku_w | 2006-04-27 18:04 | 美容界だより

不眠から体調悪化

抗生物質を飲んだら体調までおかしくなったところから・・・

その後 なんとなく熱っぽくなり
さらに困ったことには
夜ちゃんと眠れなくなってきたのです

なによりも眠るのが好きで
どこでも眠れることが自慢の私が
眠れないちゅーのは

相当なにか大変なことが起こっている!

との確信があるものの、じゃーなにが起こっているのか、と思うとわからんわけです。こういう事態がいちばん困りますね。いろいろ学んだいまならすぐ理由がわかるけど。うみゃー、高熱があるわけでもなく、悩み事があるわけでもないのに夜眠れないってほんとに苦しいっす。ちゅーかその前に

まるで理解不能

そんなこんなしてるうち、しかしまだ風邪はひいていない状態で、金曜日に、ここ2年ほど通っていたサロン「ピュール」が新たにデトックスサロンとして生まれ変わるべく続けていた改装を終えた・・というのでちょっと見せていただきに行ってみる。

ここの木本さんは単なるマッサージ師ではなく、筋肉や骨、免疫、経絡の流れもろもろ全身をトータルで把握できている+美容知識がある、というわけでそういう人に2年もずっと見てもらってきてますから、彼女は下手な医者よりよほど私の体調のことを把握できてる、オルモースト・ホームドクターなわけ

その彼女に首の腫れ物を見せると、

うーん、これは

副腎あたりの問題かもですねー

とひとこと。副腎はアドレナリンと関係あるというので、帰ってきてからググってみますと、アドレナリンを発生させるため集中したり緊張したり刺激受けたりすると、この副腎が全力疾走状態になるのだそうです。 ということは緊張や集中や刺激がずっと続いていて疲れて機能低下した結果? 

機能が低下すると抵抗力が落ちてアレルギーっぽくなる 

と木本さんにいわれて あちょー なぜだかその2日前あたりから、くしゃみ連発で

「ま まさか、遅れてきた花粉症発病!? それだけは勘弁だよぅ

と怯えていたのです。あれはアレルギー症状だったのかーと妙に納得する。

皮膚科ではそんな解説はひとこともなく、とっととレーザーで穴あけ中身を出せばいいという短絡的な方針しか出てこなかったのに、ここまで納得できる症状説明。いまや医者よりもサロンの人のほうが断然勉強してるんですよねー

ところでこのサロン「ピュール」こそ、ただいま

トリートメントを受ける権利をプレゼント

しちゃおうという太っ腹企画に協力いただいてるサロンです。ボディだけでなくこういうわけのわからん原因をつきとめるヘルプもしてくれますので、まだ申し込んでない方でカラダ全般に悩みがある方はとりあえずとっとと応募してください。30日締め切りが迫っておりますわよ


さてピュールから戻った晩も眠れず、私は土曜を迎えました。この日は定期的に行っているお灸があったのでこのお灸でなんとか体調を戻して日曜からの京都に備えようともくろんでいたのであります。が、土曜に起きたらなんとなくすでに熱っぽい。

              

お灸で全身を温め熱の下がるツボにもお灸をしてもらい、あとは熟睡さえすればなんとか本格的な風邪にならずにすむだろうーーーと思ってベッドに早めに入ったものの・・・・また眠れないのです うー 10時半にはベッドに入ってるのに眠れず12時を迎え1時になり2時になり3時になり4時になり新聞配達がやってきて明るくなって


う”−−−ついにほとんど一睡もせず新幹線に乗るハメになりました。よーし新幹線で爆睡してやるーーと思ったのですが・・・

(つづく)
[PR]
by tekumaku_w | 2006-04-26 21:04 | 美容界だより
えー体調はだいぶよくなりました。
あとは、ほのかに鼻の奥に鼻水が
ズルズル残ってるのと
食欲がまだ全開でない程度であります。

今回の病では、いろいろまた
勉強になることが多かったので
みなさんにもお知らせしようと思って

まず、調子の悪くなる前兆は
肌に出たんですねー

というのも突然、首の左
アゴのラインの少し下に
ぷっくり脂肪の塊みたいなものが
出来たんです

これはある日突然気づいたら
できていたというもので
いつもこういう脂肪の小さな塊が
できやすい体質なので
またかー
という程度だったのですが
今回はいつも効く薬草を貼っても
いっこうに治らない

しかも固かったものが次第に
ぷよぷよになり
面積が広がって
熱くなってきたのです

これはもしやなにか悪いことが起こっているのでは!?

と思い、医者嫌いの私もさすがに
なにが起こってるのか把握しようと思って
近所の皮膚科に行ってみました

そうしましたら

「あーこれは毛穴がつまったとこに炎症が起きたんですねー」

という説明
専門的にいうと毛膿炎というそうだ
しかしねーそんなこたー見れば誰でもわかるわけですよ。

いま、ググってみましたら、脱毛などで皮膚表面に傷がつき、そこからばい菌がはいって膿がたまる症状らしい。傷がなくてもできることもあるらしい。まぁなにごとも見た目にはっきりわかる症状でしかも急性だから、悪性のものではないとは思うものの、どうも納得がいかないのは、

どういう内部的要因で腫れができたのか

ちゅー疑問ですよね。

そこで「カラダの中になにか原因がありますか?」と聞いたところ、「いやーこれは単なる毛穴の部分的な問題でしょう」との答え

でもって、対処法は、

レーザーでピッと穴をあけて中の膿を出してしまえば早いですよ

とこともなげにいうわけね。でも悪いけどそれってカラダの中のごく一部の、このピンポイントをどうごまかしてきれいにするかっちゅー表面的な解決にしかならんでしょー

素直な患者ならその場で「じゃーレーザーで切ります」といくとこだろうけど、私は納得いかない処置をそのまま受け入れるのは絶対ヤダ。しかも血とか膿とかリンパ液とか、カラダの内部を走ってる液体に対してみょーに弱いので、そんなものがぶわぶわ出てくると思うだけでソットーして病状悪化しそう。

と思ったので、

自然治癒をめざしたいと思います<キツパリ>

と宣言したら、「じゃー炎症止めの抗生物質の薬と塗り薬出しておきます」と、薬の処方箋を出され、仕方ないので薬局にいって薬と塗り薬をもらって戻ってきた。

私は薬もいまひとつスキでなく、できることなら飲まないことにしているのだけれど、腫れが熱を持って傷痒い状態だったので、仕方ないから、炎症止めの薬だけ飲んでみることにした。抗生物質強すぎると手がしびれるんで・・といったらもっとも弱いもので子供でも飲めるものにしておきます・・・ちゅーことでしたが、そのレベルの抗生物質でも私にはムムム・・・という感じ。

翌朝起きてみると、腫れモノの熱は確かにひいていたが、大きさは変わらず。また、今度はカラダ全体が具合悪くなってきた。風邪をひきそうな、なんとか持ちこたえられそうな、そんなビミョーな症状になってきたんですねー。

いま思えばこの腫れ物が病の予兆だったのです

(つづく)
[PR]
by tekumaku_w | 2006-04-24 12:04 | 美容界だより

メスにおまかせ

倒れていても仕事はしなきゃなりません
あったりまえです

幸い今回のタイミングは
ゴールデンウイーク前の進行で
いつもより早めに作業しなければ
ならなかったのが功を奏して
ほとんどの原稿が終わった後でしたの。

残っていたのが
しりあがり寿さんとの共作である
STYLE誌の「新 メスにおまかせ」の
構成と原稿

ちょうどいいのでこれがどのような
流れでできるのかちょっとご説明しましょう

まずしりあがりさんとネタを電話相談します
今回は
「ブームになってるLOHASというものを取り上げたいんですけど〜〜」
と相談 相談自体は2〜3分で終了。その後、先日見つけた本のしりあがりさん特集について。その本によればしりあがりさんがフランスのアングレームという地方都市で行われた漫画祭にゲストとして招待された話が掲載されていたので、そのことなどをつらつらとお話させていただく。

私はその特集を読み、そうかー、しりあがりさんといえば時事ネタ。いつもつまらんモードだファッションだ美容だというオンナオンナした、時局と関係ないネタしか回さなくて申し訳なかったなーと若干反省し、今回は時事ネタを・・と頭をしぼった結果がLOHASだったのです、はい。


でもって「締め切りは○日ですっ」とお伝えして電話相談終了。そうすると電話から何日か後に、締め切りにあわせてこのようなラフコンテがコトコトとファクスで送られてきます。

b0286136_12112892.jpg
わかりますかねー
コンテっていうのは、コマ割りを決めて
そのコマのひとつひとつに
どんな絵とどんなせりふが入るかが
こちらにわかるようにラフ描きしたもの

これはほんとに書き出しのほんの一部だけですが

毎回このように送られてきますので
内容とせりふをチェック

その後、しりあがりさんは漫画の作成とテーマに関する「オスのいいぶん」という文章の執筆、私はチヂミ日記という、テーマの解説となる主人公のひとりごとを執筆し、それぞれ別々に編集担当Y君に届け、Y君が入稿する

という分担になっています。

この連載、当初はVOCEに収録されていたのですが、その後STYLEに移って続いています。しりあがりさんには珍しく、Hanakoに収録されていた「OH.SHI.GO.TO」のヨモヤマさんに次ぐふつーのOLさんが主人公です・・・ちゅーか、こちらが無理いってOLさんでお願いしてるんでしたね、すみません、しりあがりさん




わたし的には、毎回、しりあがりさんの「オスのいいぶん」の視点が新鮮ではっとさせられます。同じ事象でもメスとオスではこうも捕らえ方がこうも違うのかね、といういい例になってるんで、もしも目にとまりましたら、ぜひご一読を。今回のお題「LOHAS」の巻は5月28日発売号になりま〜す。
[PR]
by tekumaku_w | 2006-04-23 19:04 | 美容界だより

美肌神社にたどりつく

ええ 倒れる直前は京都にいましたのです
以下倒れる前の貴重な映像をお送りします

b0286136_12112622.jpg
円山公園のしだれ桜を見たり






b0286136_12112698.jpg
急なにわか雨で
川沿いの桜が
はらはら散る様子を
レトロな喫茶店
「ソワレ」の窓から見たり







かなり風情のある活動してたんですけど
倒れちゃーね

同行のみなさまにもご迷惑おかけしました

あ ソワレってね
東京にはもう残ってないと思う本格レトロな喫茶で、京都のお父さんお母さんたちは、昔ここでデート重ねてて プロポーズがここでだったなんて話が多いそうなの。コーヒーが美味でコーヒーゼリーのデザート類も美味しそう ここを訪問したときはすでに熱が上がりかけていたので、コーヒーゼリー賞味までの余裕がなかったのが残念です。

次回はぜひトライしたいと思います


もひとつ
八坂神社の境内にある小さなお社の中に

美肌になれる神社がある

と前前からきいていたのですが
今回ようやく発見!

b0286136_1211265.jpg
お社の前には
このような
美容水が・・・・
お肌がきれいになるらしく
あわてて塗ってみました







お泊りは
オープンしたばかりの
ハイアットリージェンシー京都
b0286136_12112636.jpg



元はビジネスホテルだったところを
大幅にリノベして
元の3室を2室という
スペースどりで作られています


ダビンチコードで来日した
トムハンクス様御一行(奥さん+子供+SP)も
お泊りになったとか

いきなりトム様ご宿泊じゃー
今後

京都でのハリウッドセレブの定宿になりそう

ですねー


ところで最初の写真の円山公園のしだれ桜は 本名を「祇園枝垂桜」というらしいですね。京都の桜といえばぜひ、この本を読んでみてください。


「櫻よ」花見の作法から木のこころまで
by佐野藤右衛門(聞き書き 小田豊二)
集英社文庫

すでに過去のテクマクでご紹介したことがあるので詳細には触れませんが、桜にまつわるいい話が満載です。風流と粋を愛する方はぜひご一読を
[PR]
by tekumaku_w | 2006-04-22 20:04 | 美容界だより

病欠

アップがとどこおってしまってすみません

実は日曜から熱を出し昨日までほぼぶっ倒れておりました

兆候はその前の週からあったのですが持ちこたえられず・・・
今週はすべての予定をキャンセルさせていただいて「病欠」しております

もう少しで完治すると思いますので、少々お待ちくださいませ。
元気になり次第、今回の病で学んだことなどアップしていきたいと思います(ええ 転んでもタダでは起きませんて)

+みなさまも不安定な天気続きなのでカラダをお大事に!
[PR]
by tekumaku_w | 2006-04-20 11:04 | 美容界だより

その道のプロの話

映画界のプロである友人に会いました。

この人は映画をプロデュースしちゃうくらいだから、映画のことならなにを聞いても即答してくれる生き字引なの。毎年行ってる5月恒例のカンヌ映画祭「今年はいつから?」と聞くと「16日ごろパリ入りかな」というので「それっていつもよりスタート遅くない?」と聞くと

「ダビンチコードのせい」

との返事。

つまりフランスとしてもジャンレノにオドレイトトゥが出てるしルーブルが舞台にもなってるから、オープニングにはよいだろうってことで、ダビンチコードが今年のカンヌ映画祭オープニング映画に決まったのだそうで、それで 

カンヌで世界初公開 そして間髪入れずに全世界公開

という流れにしたいために、ダビンチコードの世界封切り直前の週末にあわせて逆に映画祭の開会を合わせたちゅーことらしいのです。ふむふむ

これでホントは19日に世界同時公開の予定だったダビンチコードはカンヌにて17日世界初公開となりましたとさ。

                          


「で、今年のカンヌ映画祭の目玉は?」と聞くと
ブラピ主演の「バベル」という映画だそうで、バベルはバベルの塔のバベル。アメリカ、メキシコ、モロッコ、日本が舞台という壮大なスケール。あの混み入ったストーリーが複雑に絡み合っていた映画「21g」の監督だから、さぞ大変な話なんでしょう。日本の役所広司氏も出演してるのだって。

役所さんといえば「うなぎ」でカンヌのパルムドール受賞作の主演男優となって以来も、「ユリイカ」でも作品が受賞。カンヌに好かれる人っているんですよね。監督ではデビッド・リンチやコーエン兄弟や、最近ではベルギーのダルデンヌ兄弟もそうだけど、ウォンカーワイも、結構ひいきのひきたおしされてる監督の1人。今年はひいきついでに、そのウォンカーワイが審査員長です。

カンヌの賞って、以前の「華氏911」の受賞を審査員長のタランティーノが決めたといわれてるように審査員長の権限がとても強い。だから毎年毛色の違う作品や監督が受賞する。そういう意味ではアカデミー賞よりも私はおもしろいと思うんですね。それと芸術は政治の影響を受けるべきではないというフランスらしい反骨精神がいまも(ちょっとだけど)残っているところ。

                    


フランスといえば例の「新入社員を2年内に解雇できる」法律騒動。すごかったですね。パリ市内もストの嵐。日本ではあまり報道されなかったのですがパリ在住の友達から

「去年の暴動は郊外だけだったけど、今回は本物の貴族が住む7区でさえ車を壊し、車内から強奪、炎上、、、 」とメールがあったほど街中、しかも、閑静な左岸の住宅街まで騒然としていた模様。先日、首相が法律を撤回したため落ち着いたようですが、40万人がデモってすごいことですよね。フランス革命ってこうして起こったんだろうなぁ・・・と思ってしまいました。さすが闘う民衆の歌が国家になってる国です。


                  


さて、話をカンヌに戻しますと、コンペには、先のバベルのほか、ソフィア コッポラの「マリーアントワネット」日本からは「誰も知らない」の是枝監督の「花よりもなほ」が出品される・・・といわれています。(注)正式なコンペ参加作品のセレクションは20日に公表だそうで、調べてみたんですが、まだネット上でもひっかかってきません。正確な情報はもう少し待たないとわからない模様 


ですが、先走って話しを進めると、「花よりもなほ」は時代劇で主演は岡田准一くんと宮沢りえちゃん。「この2人だから〜見てるだけでやっぱ美しくていいわけよ しかもフランス人が好きそうな仕上がりになってる」とはプロの弁。私も上記HP見ただけですが、なんだかおもしろそうな内容ですよね。

だけど審査員長は香港人のウォンカーワイだからなぁ さてどうなるやら。まだまだ先のことなのにすっかり興味津々となったのでした!
[PR]
by tekumaku_w | 2006-04-13 21:04 | 美容界だより
さてお待たせしました。肝心の「ホテル バビロン」の内容紹介です。

これは、実際にホテル業界で長年働いて、現在、ロンドンの某高級ホテルの支配人になっている匿名氏に取材したことを元に原作者が小説仕立てにした

というのは前編でお話しましたよね。

この話というのが、場所がロンドンだけに、湯水のようにチップを配りまくるアラブのお金持ちやテキサスの石油成金がやってくるんです。でもって、それを心待ちにしているホテルの従業員全員。

なにせ

敬礼の仕方がいいといっちゃーチップ

なにかに答えたといっちゃーチップ

葉巻を特注したといっちゃーチップ

ですからね。わたしもその場にいたいものです。

関係ないけどその場にいたからチップ

もらえそうなんですもの!

                

それで思い出しましたが、以前、アジアの某ホテルをベッカム夫妻が通り抜けた後、そのホテルのGMとお話する機会がありましたが、

「いや〜若いうちに大金をもつのはいかんですねーものすごい単位でチップ配りまくるもんだからスタッフにもいい影響を与えませんわ」

てな本音をはいてらっしゃいました。もちろんバビロンもロンドンの話ですから、ベッカムの話出てきますよ。ヴィクトリアがロクなもの食べてるわけがない・・というようなサラリとした皮肉描写だったと思いますけど。。。


さて、その反面、ダブルブッキングで割を食うのは単身で泊まりに来るジャパニーズビジネスマン。もれなく協定を結んでいる別のホテルに移るようお願いされ、おとなしく、はいそうですか、と物分りよく案内されてさようなら〜くという役どころなんですが、あいたたたた 心あたりのある出張族の方いますかしら? そうされないためには、旅行代理店を通しておくと、だいぶ防げるようです。あしからず。ホテルがいちばんいやなのが「お1人様1泊のみ」というパターンなんだって。



ノンフィクションに基づいたフィクションなのに、セレブの話だけは本名がばっちりでてくるのもおもしろいんですよ。そこだけ読んでもいいってくらい笑えます。


マドンナのために
ホテルはジムのエア路バイクを特注したがその前にカーテンの色が気に入らないって5回も6回も部屋をかえたとか、

マイケルジャクソンが来る前には、
すべてアメリカ製のもので部屋を整えるのに全員が忙しい、でもマイコーったら専属シェフ連れてくるのに食べるのはバーガーとかチキンバゲットとかお子様メニューだけだとか

エリザベス女王陛下はカンパリオレンジしか飲まないとか、

皇太后は甘口のヴーヴクリコやブランデーと角砂糖をのんだあとフィッシュアンドチップスでランチ+ランチの後はまずグリーンの次にイエローのシャルトリューズを飲むとか

フィリップ殿下
特定のエールか、ウェルフシュミット・キュンメルとジンとレモンジュースで作る恐ろしく強いカクテル「シルバーブリット」を飲むとか

   あー脱線しますが、この殿下のカクテル「シルバーブリット」というのは、わたしもぜひ飲んでみたいです。キュンメルとはキャラウェイという香草のドイツ語でウェルフシュミットというのはそのリカーのブランド名みたいですね。殿下はそこまでご指定らしい。シルバーブリットとは銀の弾丸の意味です。

                      



わたしが職業柄、一番ウケたのは、2時から3時の時間帯にきまってあらわれるフェイスリフト(整形)帰りの客2人連れ。包帯グルグル巻きに真っ黒のサングラスというブキミな姿で、もごもごしゃべるたびに飛び上がるほど傷いらしいし、一歩踏み出すごとにこれまた激痛らしい。なぜこの時間にチェックインかというと、ホテルマンにはバレバレで、

昼ごろの回診で医者の退院許可がおりてからやってくるから

なんだって。

それで3,4日ルームサービスのスープでつないで包帯とれたあとは何事もなかったようにチェックアウトしていくんだって。ロンドンにもそういうクリニックが並んでいるハーレーストリートっていうエリアがあるんですね。いったいどのあたりなんでしょう? こういう話が出てくるあたり、ほんとにホテル=人生の縮図ってかんじです。




イギリスではこの原作が発売されたのは04年。ドラマにはもってこいの題材ってことで、ドラマとなってBBCで放送されたそう。

ロンドン在住の方にきいてみたらドラマとしてテンポがよく俳優たちもみな芸達者でおもしろかったって。エピソードの中味を読むとどうやら原作とはちょっと違うストーリーに仕立て直されてるみたいだけど。おもしろそうだから日本でもぜひ放送してほしいものです!

バビロンといえば、1902年発表の「グランド・バビロン・ホテル」という大作の小説があるようです。とすると、この本のタイトルは過去の名作を意識したものかもしれませんね。グランドバビロンホテルはサボイホテルをモデルにし、イギリス上流階級VSアメリカ成金 という図式の対決が進むとやら。こちらも読んでみたくなりました。が、リンクご覧になりました? すごいっすね この本 古すぎてタイトルが右からかかれてます むろん絶版


                       

なのであらすじを知るにはこちらのぺージがよろしいかと思います


もともとの本はこちらでした


五つ星ホテルの24時間
イモジェン・エドワーズ・ジョーンズ&匿名氏
ソニーマガジンズ ¥1600+税
[PR]
by tekumaku_w | 2006-04-11 21:04